デオクロスの口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
素数 デオクロス
素数 | デオクロス
1,058円(税込)

デオクロスの口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

デオクロスを実際に購入して、徹底的に比較検証しました!

クリアで極薄な画期的脇汗シートとして注目されている「デオクロス」。インターネット上の口コミには、「貼り方のコツをつかめば優秀!」などの良い評判も見られますが、「質感に違和感があり、貼り方も難しい」など悪い口コミがあるため、購入をためらっている方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、口コミの真偽を確かめるべく、デオクロスを実際に使って、吸水力・ズレにくさ・肌触りを比較検討レビューしました。汗染み対策以外のデオクロスの使用方法も合わせて紹介するので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年09月11日
目次

デオクロスとは?

デオクロスとは?

デオクロスは、今までにないあっと驚く便利な商品を世に届けるべく、オリジナリティあふれる商品をプロデュースしている「素数」から販売されている脇汗パッドです。


透明なフィルムと0.03mmという極薄さがデオクロスの魅力。公式オンラインショップでは、服の色を選ばず使用でき、薄手の洋服でもバレにくいと謳われています。

デオクロスとは?

他社の脇汗パッドは綿素材など、汗を吸収して蒸発させやすい素材を使用して作られているものが多くありますが、素材にドイツ生まれのポリウレタンエラストマーを使用していることも特徴。


専門分野向けの医療用手袋やスポーツウェアにも使われている素材なので、薄いのにすばやく汗を吸収してくれるというメリットを持つ脇汗パッドです。

デオクロスを実際に使用して検証レビュー!

デオクロスを実際に使用して検証レビュー!

インターネット上では、貼り方や使用感に不満の声も見受けられる「デオクロス」。しかし、実際に使ってみなければ本当のところはわかりませんよね。


そこで今回は、デオクロスを実際に購入して、以下の3点について検証してみました。


検証①:吸水力

検証②:ズレにくさ

検証③:肌触り


デオクロスとあわせて、人気の脇汗パッド全16商品を実際に使って比較検証しています。他の脇汗パッドの検証結果もチェックしてみたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみて下さいね!

検証①:吸水力

検証①:吸水力

まずは、脇汗パッドで最も気になるポイントである、吸水力の検証です。


1枚で吸水できる量や、水の広がり具合をチェックするために、シャツに貼った脇汗パッドにスプレーで水を吹きかけ、シャツ生地に水が沁み出すまでの水量をカウントする方法で検証を行います。水量は、ワンプッシュごとに出る水の量(0.2ml)×プッシュ数で算出します。

吸収力ゼロ!本当に脇汗パッドなのか疑うレベルで使う意味なし…

吸収力ゼロ!本当に脇汗パッドなのか疑うレベルで使う意味なし…

検証の結果、まさかの吸収力はほぼゼロ。検証中一度も水を吸収しなかったため、これでは脇汗パッドとして使用する意味がないでしょう。


さらに、吸収されなかった水がサラサラとデオクロスを伝って、シャツに染みが発生するという事態に…。これでは変なところに汗ジミができてしまい、恥ずかしい思いをするアクシデントも起きかねません。脇汗パッドとしての役割を果たさない、残念な商品でした。

検証②:ズレにくさ

検証②:ズレにくさ

次に検証するのは、ズレにくさです。貼ってすぐにズレてしまうようでは、貼り直しの手間がかかりストレスに感じるので、長時間ズレずに使用できるかどうかを確認していきます。


実際に脇汗パッドを貼ったシャツを4時間着用し、4時間後のヨレやズレ具合を目視でチェックします。

剥がれ落ちるほどではないが、長時間ではヨレることも!

剥がれ落ちるほどではないが、長時間ではヨレることも!

4時間貼っていると多少の剥がれやヨレは見られましたが、完全に剥がれ落ちることはありませんでした。ただそれ以上に気になるのが、そもそもデオクロスをきれいに貼り付けることが難しい…という点。台紙から剥がすのにまず一苦労で、戸惑っていると粘着面同士がくっつき、極薄のフィルムがぐちゃぐちゃになってしまいます。


デオクロスを洋服にきっちり接着するのには、時間もコツも必要です。丁寧に接着しないと、剥がれたりヨレやすくなるので、いかにキレイに貼れるかというのが使用のポイントになるでしょう。

検証③:肌触り

検証③:肌触り

最後に、長時間利用する脇汗パッドにおいて、意外と気になるポイントの「肌触り」について検証していきます。素材感の良し悪しや肌への刺激の有無なども含め総合的にチェックしました。

汗をかけばかくほどペタペタ感が増加!すぐに剥がしたくなるほどの不快感

汗をかけばかくほどペタペタ感が増加!すぐに剥がしたくなるほどの不快感

使い続けたいかどうかの判断基準の一つにもなる肌触りについても、フィルム状のため、肌になじまず刺激を感じます。さらに、水分を全く吸わないことが関係して、時間が経てば経つほど不快感は増す一方で、「早く剥がしてしまいたい…」と思ってしまうほど


通気性抜群でムレない!という公式サイトでの紹介文を疑ってしまうような肌触りでした。

【レビュー結果】吸収力のなさが肌触りにも影響を及ぼし、全16商品中16位という結果に

【レビュー結果】吸収力のなさが肌触りにも影響を及ぼし、全16商品中16位という結果に

吸収力と肌触りの検証で低評価が目立った「デオクロス」。珍しい極薄フィルム状の脇汗パッドという点では試してみたくなる商品ですが、その特徴である極薄フィルム素材が逆に欠点となってしまいました。


吸収力はほとんどないため、汗かきの方にはおすすめできない商品です。また、時間の経過とともにペタペタ感が増して、すぐにでも剥がしたくなる不快さがあるので、長時間の使用はとてもできません。


さらに貼り方にコツが必要だったりと、使用していてストレスに感じることが多々。汗をよくかく夏場というよりも、春先や涼しい季節であれば多少の汗やニオイ対策に活用できるかもしれません。

ニオイ対策や汚れ防止にも!デオクロスの便利な使い方

ニオイ対策や汚れ防止にも!デオクロスの便利な使い方

脇汗パッドとしては吸収力もなく、衣類に汗染みが出来てしまうこともありますが、デオクロスは抗菌効果がある銀が練り込まれているため、ニオイ対策として愛用しているという方もいます。きちんと貼ることが出来れば粘着力があってズレにくいので、一日中ニオイのストレスから解放してくれますよ。


他にも、クリアな極薄のフィルム状という点を生かして、襟や袖汚れ対策に活用している方も。洋服に合わせて適度な大きさにカットして、汚れやすく気になる部分にしっかり貼り付ければOKです。脇汗パッドとしてうまく活用できなかった際には、こんな方法でも使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、素数 デオクロスの吸水力・ズレにくさ・肌触りについて、比較検証レビューしてみました。


吸収力の低さや肌触りについては、脇汗パッドの商品の中でも低評価がついてしまいましたが、汗の量が少ない時期には、脇のニオイ対策としても使えます。気になる方は、春先や汗ばみやすい満員電車に乗るときなどに一度使ってみてはいかがでしょうか。

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ