1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. ボディケア用品
  6. >
  7. 脇汗革命 脇汗パッドの悪い⼝コミや評判を実際に使って検証レビュー
オフィスR 脇汗革命 MENS 脇汗パッド
オフィスR
脇汗革命 MENS 脇汗パッド
1,480

脇汗革命 脇汗パッドの悪い⼝コミや評判を実際に使って検証レビュー

脇汗革命 脇汗パッドを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

大きな吸水パッドで大量の脇汗をキャッチする「脇汗革命 脇汗パッド」。男性はもちろん、脇汗をできるだけブロックしたいという女性からも人気のある商品です。しかし、インターネット上の口コミでは「粘着力が強すぎて剥がれない」「剥がしたら洋服が傷みそう」という不安な声もあり、購入をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、脇汗革命 脇汗パッドを実際に使って、吸水性・粘着力・肌触りを比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年05月30日
目次

大判の吸水パッドで脇汗知らずと人気の脇汗革命 脇汗パッドとは?

Amazonのほか、楽天やYahooのショップなどで購入できる商品です。しかし「IPPINLABO」というメーカー名はもとより、商品自体に馴染みのない方も多いのではないでしょうか。そこで、こちらの商品の大きな特徴や魅力をご紹介していきます!

大きめパッドが汗の広がりをしっかりガード!

大きめパッドが汗の広がりをしっかりガード!

この商品の注目ポイントはその大きさです。横幅約12cm×縦幅約15cmのビッグサイズで脇全面をしっかりカバー!脇汗を隅々まで吸い取り、服に汗ジミを作りません。独自開発した特殊素材テープがパッドのズレを防ぐため、力仕事をする方や1日中営業で外回りをする方でも安心して使えます

3層構造のシートが汗をたっぷり吸収。防臭効果もあり

3層構造のシートが汗をたっぷり吸収。防臭効果もあり

シートの構造も特徴的です。脇汗を逃さず引き込む吸引シート・たくさん吸い取る吸水シート・漏らさないストッパーシートの3層構造で、汗を約15mlも吸収可能!汗をかきやすい方でも安心の吸収量です。


さらに抗菌防臭効果もあるので、汗のニオイが気になる方や制汗剤を脇に塗布するのが苦手な方にもおすすめ。香りついているものが苦手な方や、愛用のフレグランスを持っているという方に嬉しい無香料タイプなのもポイントです。

個包装で衛生的に持ち運べる

個包装で衛生的に持ち運べる

商品は個包装になっているので衛生的で、手軽に持ち運びできます。常にバッグに忍ばせておけば、こまめに取り替えられるので脇スッキリ。普段の外出はもちろんですが、旅行や出張などにも持っていってもよいですね。


また、2枚1組の包装で、1枚ずつ開封する手間がないのもポイント。汗脇パッドは両方同時に取り替えたほうが漏れを防いで安心ですし、交換時に使いたい分をすぐに開封できて便利です。

脇汗革命 脇汗パッドの⼝コミは?

脇にピタっとフィットして、脇汗を吸い取ってくれる脇汗革命 脇汗パッドですが、ネット上には購入を躊躇ってしまうような口コミもあります。

口コミ:粘着力が強すぎる

口コミ:粘着力が強すぎる

一番多かったのは、粘着力の強さについての口コミでした。脇汗パッドは吸水するとズレやすいため、粘着力が強ければより安心感があります。しかし、それが裏目に出てしまい、取り付けたシャツなどから剥がしにくい、シール部分が残ってしまったという声が多く見受けられました。

この粘着力なら着用中に絶対剥がれる事はないでしょう
ただしそれは脱ぐ時も同じ
どんなに上手く剥がせても服の生地を傷めます
更に粘着が服に残ります
テープの粘着力が強すぎて、シャッツのノリが取れません

脇汗革命 脇汗パッドを実際に使って検証レビュー!

脇汗革命 脇汗パッドを実際に使って検証レビュー!

インターネット上の口コミでは汗の吸収面では高評価だったものの、粘着力が強すぎる・洋服を痛めそうという声もあり、評価は五分五分といったところ。しかし実際に使ってみなければ、口コミどおりの評価なのかはわからないですよね。


そこで、今回は脇汗革命 脇汗パッドを実際に使って、以下の3つの項目ついて検証してみました。

検証①:吸水性

検証②:粘着力

検証③:肌触り


脇汗革命 脇汗パッドを含めて、人気の脇汗パッド16選を実際に使って比較検証しています。他の検証結果が気になる方は、以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね!

検証①:吸水性

まずは、一番重要な吸水性について検証していきます。メーカー公称値は約15mlでしたが、実際はどうなのでしょうか?


脇汗パッドをシャツに貼り付けた後、スプレーで水を吹きかけます。何プッシュ目でシャツに水が染み出すのかを計測。スプレーのプッシュ数(1回0.2ml)が多く、吸水性の高いものを5段階評価の5として評価します。

吸水量は6ml。許容量を超えるとシャツに染み出してしまう…

吸水量は6ml。許容量を超えるとシャツに染み出してしまう…

今回の検証結果では6mlとメーカーが記載している吸収量の半分以下という結果になりました。脇汗パッドのフチには水をせき止める構造がないため、フチまで広がるとシャツにシミができてしまいます。


パッドが大きく、広範囲の汗を吸ってくれるのはメリットですが、脇汗をかきやすい方や夏場に使用する方はこまめに取り替えたほうがよいでしょう。今回の吸水性を総合的に判断し、5段階中の2と少々低めの評価となりました。

検証②:粘着力

次の検証は、脇汗パッド自体の粘着力についてです。脇汗パッドがズレない安心感はあるものの、インターネット上の口コミでは「強い粘着力で使用後に剥がれにくい」「粘着シールが残ってしまう」などの声が多く、気になるところです。


今回は、検証スタッフが実際に脇汗革命 脇汗パッドを着用し、4時間後の結果をチェックしました。着用した際のズレやヨレ、剥がれたりしないかなども一緒に検証しています。

全く剥がれる様子がなく安心感は◎しかし、簡単に剥がしにくいことが難点

全く剥がれる様子がなく安心感は◎しかし、簡単に剥がしにくいことが難点

脇汗パッドのほとんどの部分が粘着シートになっているため、ちょっとやそっとでは剥がれる様子はありませんでした。汗をかいても、ズレたり剥がれる心配はゼロ。最高評価の5を獲得しました。


しかし、その強い粘着力の影響で簡単に剥がすことができず、使用後は苦戦しました。また、デリケートな洋服を傷つけてしまう可能性も…。気になる方は洋服ではなく、肌着につけることをおすすめします。

検証③:肌触り

最後の評価は肌触りです。汗脇パッドはポリエステル製の商品が多く、肌への刺激が強かったり長時間つけていると肌が痒くなる場合も。長時間つけていても不快感のない商品を選びたいですよね。


粘着力の検証同様、スタッフが実際に着用し、皮膚の薄い肌に負担がかかりにくいかをチェックしました。素材感の良し悪しはもちろん肌への刺激度合いもあわせて確認し、5段階評価で評価をします。

大判パッドなのに全く不快感なし!つけているのを忘れてしまうほど

大判パッドなのに全く不快感なし!つけているのを忘れてしまうほど

今回の検証では、つけているのを忘れるくらい不快感がないという結果。大判パッドなので装着感があると思いきや、肌に擦れるゴワゴワ感やチクチク感などはありませんでした。


脇汗革命の脇汗パッドなら肌への負担が少ないため、他の商品で刺激を感じたという方は試してみる価値あり。ただし吸収性は低いので、汗が滲み出ていないかこまめにチェックしましょう。

【レビュー結果】人気の脇汗パッド全16商品中7位。粘着力と肌触りは良好だが、吸収力に難あり

【レビュー結果】人気の脇汗パッド全16商品中7位。粘着力と肌触りは良好だが、吸収力に難あり

今回の検証の結果、16商品中7位と平均点以上のランクインとなりました。粘着力や肌触りは良好でしたが、吸収性の低さが期待外れの結果でした。


汗は6mlまで吸収できますが、それ以上となるとシャツに滲み出してしまいます。そのため、夏以外の使用や、オフィスワークの方におすすめです。使用する場合は、適宜汗が漏れていないかをチェックして、気になったら新しいものに交換したほうがよいでしょう。


大判な脇汗パッドながらつけている感じがほとんどなく、汗にも負けずしっかりくっついたのは高評価でした。しかし、その粘着力がデメリットにもなりました。服から剥がしにくいので、大切な洋服への使用は控えたほうがよいでしょう。

まとめ

今回は脇汗革命 脇汗パッドの使用感について、3つの視点から検証してみました。


パッケージには「Mens」とありますが、シンプルな商品デザインのため性別を問わず使うことができます。外での作業時に大量の脇汗が気になる方や、絶対に汗ジミを作りたくない!という女性におすすめできる商品です。気になった方はぜひ検討してみてくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ