グンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツ
グンゼ
YG DRY&COOL VネックTシャツ
1,008円(税込)

グンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

グンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

締めつけ感がなく、サラッとした着心地で人気を集めている「YG DRY&COOL VネックTシャツ」。品質の良さで愛用者の多いグンゼが手掛ける夏の定番インナーですが、「ドライメッシュ採用で通気性アップ」「吸汗速乾&吸湿放湿する機能素材で、サラッと快適」というパッケージに書かれたアピールが、果たして本当なのかは気になるところ。購入を迷っている人もいるのでは?


そこで今回はメーカーによるアピールの真偽を確かめるべく、YG DRY&COOL VネックTシャツを用意し、蒸発性・通気性・接触冷感を実際に使ってみて比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年10月21日
目次

ソフトな着心地でサラッと爽快!グンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツとは?

YG DRY&COOL VネックTシャツはグンゼが開発・製造・販売する冷感インナーです。製糸業から始まり、品質第一主義をコンセプトに70年の歴史を持つグンゼ。多岐に展開するメンズインナーの中から人気商品、グンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツの魅力についてご説明します。

吸汗速乾&吸湿放湿でサラッと快適!

吸汗速乾&吸湿放湿でサラッと快適!

マイクロモダール®エアーと綿・レーヨンを組み合わせ、軽くソフトな肌触りです。吸収速乾性と吸湿放湿性に優れ、ドライメッシュで通気性を高めて肌への張り付きを軽減して、一日快適に過ごせるのが特徴。


また、抗菌防臭加工と消臭機能がついて、細菌増殖による生地の不快臭や汗臭を抑え、清潔感への気配りがあるのもグッド!だから部屋干しも安心です。

アルゴフォルムカットで体の動きを妨げず、絶妙なフィット感

アルゴフォルムカットで体の動きを妨げず、絶妙なフィット感

グンゼYGシリーズは、アルゴフォルムカットで体のラインに合わせ着圧を均一化し、体の動きを妨げないフィット感が魅力。ネット上でも、体を動かしてもストレスを感じさせないと好評です!


伸縮性に優れたグンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツは、サイズがMからLL、カラーはインナーと気づかれにくいクリアベージュを含む4色を展開しています。公式サイトをはじめ楽天やAmazonなどの通販・量販店などでは1000円前後で販売され、入手しやすい商品です。

グンゼ DRY&COOL VネックTシャツを実際に使用して検証レビュー!

グンゼ DRY&COOL VネックTシャツを実際に使用して検証レビュー!

メーカーでは「ドライメッシュ採用で通気性アップ」「機能素材が吸汗速乾&吸湿放湿して、サラッと快適」と謳っていますが、そのアピールは本当?と気になるグンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツ。でも真偽のほどは実際に使ってみなければ分かりません。


そこで今回は実際にグンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツを購入し、以下の3つの項目について検証してみました。


検証①:蒸発性

検証②:通気性 

検証③:接触冷感


こちらの YG DRY&COOLを初め、おすすめの人気冷感インナーを15商品、実際に使って比較検証しました。いろんな冷感インナーの検証結果が気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

検証①:蒸発性

冷感インナーで一番重要なのは蒸発性(吸湿速乾性)です。グンゼは吸汗速乾・吸湿放湿とアピールしていますが、実際はどうなのでしょうか?


今回の検証では、mybest編集部と外部専門機関の協力により、蒸発性を測定しました。アンダーシャツの裏面(吸水面)に水分を含ませ、20分後にどれくらい水分が蒸発するかを確認。標準的な蒸発性の目安を「20分後に30%の蒸発」とし、これを基準に商品を比較しました。

まずまずの蒸発性という結果に。体感はサラッと快適

まずまずの蒸発性という結果に。体感はサラッと快適

20分後の確認では30%以上の蒸発という結果に。蒸発性は標準的なレベルであることがわかりました。けっして抜群とはいえない数値ですが、ネット上では「汗をかいてもべたつかない」「汗をすぐ吸って乾かしてくれるような実感がある」との評価が目立ちます。


これは生地が鹿の子編み状であるため。室内での測定とは違い体温が加わることで高い蒸散性を発揮するインナーと言えるでしょう。

検証②:通気性

2番目の検証項目は通気性です。蒸散性の検証同様に外部専門機関の協力を得て、生地の通気性を測定しました。

数値はそこそこなレベルでも、ドライな着心地で実用性十分!

数値はそこそこなレベルでも、ドライな着心地で実用性十分!

通気性の検証では、5段階中3という評価。抜群な通気性とはいえず、ごく普通のレベルということが分かりました。ですがこちらも、室内での検証結果と着用時の体感通気性は異なるようで、ネット上では「通気性が良く軽い」「汗をかいても肌に張り付かず心地よい着心地」とおおむね好評価です。


鹿の子編み状の生地は、条件によって空気を含みやすいという特徴があるので、体にフィットするサイズを選べば高い快適性が得られるようです。

検証③:接触冷感

最後の接触冷感の検証も他2つの検証同様、外部専門機関の協力のもと行いました。商品の裏地の接触冷感度を測定し、着用した瞬間に感じるヒンヤリ度で確認しています。

着用中の快適さは優秀、ヒンヤリ感がないのが惜しい!

着用中の快適さは優秀、ヒンヤリ感がないのが惜しい!

接触冷感の検証も残念ながらいまひとつで、標準以下の結果に...。5段階中2.5と、接触冷感の実力はあまり感じられないという評価になりました。


しかし、編集部で実際に着用したところ「けっこう冷たい」との印象。グンゼのドライメッシュ生地は、検証結果以上に着用時の快適性が高いことがわかりました。夏は涼しく冬は適度に保温してくれる、一年中使い回しの効く機能性インナーです。

【レビュー結果】メンズ冷感インナー15商品中、14位!サラサラ感で着心地の良い実用性が高いインナー

【レビュー結果】メンズ冷感インナー15商品中、14位!サラサラ感で着心地の良い実用性が高いインナー

グンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツは3つの検証全てで評価を伸ばせず、メンズ冷感インナー15商品中、14位になってしまいました。


しかし着用時の快適性は文句なし!パッケージの謳い文句通り、サラリと快適に気持ちよく過ごせる実用性の高いインナーとわかりました。接触冷感にあまり大きな期待をせず、一年を通した快適さを重視したい方向きです。


優秀なフィット性で動きやすく、短めな袖丈もアウターからはみ出しにくい設計。レーヨン混の柔らか素材は、「ねっとり感」が感じられ好みの分かれるところながら、肌への張り付きが少ないのは高ポイント。インナーの張り付きが嫌いな人、軽さを求める人におすすめの商品です。

ジャストフィットのグンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツ選びは、フィット感が鍵

ジャストフィットのグンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツ選びは、フィット感が鍵

グンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツの着心地を十分堪能するためにも、ここでサイズ選びのコツを確認しておきましょう!


サイズはMからLL。実際に編集部で着用したところ見頃は他のシャツと同じでも、肩周りはやや小さく、袖丈・裾丈も短めであることが分かりました。しかし伸縮性に優れているので、ある程度の体型差には十分対応できます。それを踏まえた上でのおすすめサイズはこちらです!


  • ジャストフィットなら⇒マイサイズ
  • ジャストフィットでも少し余裕が欲しい⇒マイサイズかワンサイズ上
  • ルーズフィットなら⇒ワンサイズ上


また涼しさを求めるならジャストフィット、適度な保温性が欲しいのなら少しルーズに着るのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回はグンゼ YG DRY&COOL VネックTシャツ を実際に使用して、気になるポイントを比較検証レビューしました。


ヒンヤリ感はいまひとつという結果でしたが、ドライに一日快適に過ごせる実用的な夏用のインナーです。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

この商品が出てくる記事

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ