防災システム研究所 所長

山村 武彦

1943年、東京都出身。新潟地震(1964年)でのボランティア活動を契機に、防災アドバイザーを志し、同年、防災・危機管理のシンクタンク「防災システム研究所」を設立。以来50年以上にわたり、世界中で発生する災害(250カ所以上)の現地調査、研究を実施。

日本各地での講演(2,500回以上)、報道対応、執筆活動を通じた防災意識啓発に取り組む傍ら、企業や自治体の防災アドバイザー(顧問)を歴任。BCPマニュアル、防災・危機管理マニュアルの策定や改定など、災害に強い企業、街づくりに携わる。実践的防災・危機管理の第一人者。

著書は、「南三陸町 屋上の円陣-防災対策庁舎からの無言の教訓」(ぎょうせい)、「みんなの防災えほん」(監修、PHP研究所)、「スマート防災-災害から命を守る準備と行動」(ぎょうせい)、「新・人は皆『自分だけは死なない』と思っている-防災心理」(宝島社)など多数。

公開したアイテムリスト

 新着クリエイター一覧