• iPad向け格安SIMのおすすめ人気ランキング10選【mineo・楽天モバイルも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • iPad向け格安SIMのおすすめ人気ランキング10選【mineo・楽天モバイルも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • iPad向け格安SIMのおすすめ人気ランキング10選【mineo・楽天モバイルも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • iPad向け格安SIMのおすすめ人気ランキング10選【mineo・楽天モバイルも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • iPad向け格安SIMのおすすめ人気ランキング10選【mineo・楽天モバイルも!】のアイキャッチ画像5枚目

iPad向け格安SIMのおすすめ人気ランキング10選【mineo・楽天モバイルも!】

大手キャリアで契約すると高いけれど、iPadをどこでも使いたい!そんな時には、通信にMVNOの格安SIMを使うのがおすすめ。大手キャリアでiPadの通信契約をしてしまうと料金が高額になりがちですが、格安SIMなら月額料金がぐっと抑えられる上、データ量が多いプランを選べたり、スマホについても更に割引を受けられたりします。


今回は、iPadでお得に使える格安SIMをランキング形式でご紹介。格安SIMを利用して、より快適にiPadを使えるようにしましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 791  views
目次

iPadで格安SIMを利用する前に。知っておきたい基礎

まずはiPadで格安SIMを利用する前に、知っておきたい基礎知識をまとめておきましょう。

自分のiPadはどのタイプ?

自分のiPadはどのタイプ?
iPadにはWi-FiモデルとWi-Fi + セルラーモデルの2種類があります。Wi-Fiモデルだと、SIMカードを差し込むところがないため、そもそも格安SIMは利用できません。そのため、iPadで格安SIMを利用する場合は、Wi-Fi + セルラーモデルを使うことになります。

Wi-Fi + セルラーモデルのiPadには、大手キャリアが販売しているdocomo版・au版・ソフトバンク版と、Appleが直営店や直営オンラインショップで販売するSIMフリー版があります。格安SIMによって、どれに対応しているかが異なりますので注意しましょう。

iPadで使用するのは、データ専用SIM

iPadで使用するのは、データ専用SIM
iPadには電話アプリが入っていないため、データ専用SIMを契約することになります。音声通話付きSIMを選んだとしても、電話は利用できずデータ通信しか利用できません。

音声通話付きSIMではないなら、LINEやスカイプなどの通話は使えないのでは?と思う人もいるかもしれません。ですが、データ専用SIMでもLINEやスカイプなどの通話は可能です。また、通話したい相手がiPhoneやiPadなど、iOSを使ったデバイスの場合、FaceTimeを使って通話することもできます。


また、多くの格安SIMでは、音声通話付きSIMよりもデータ専用SIMの方は月額料金が安く設定されています。電話はできませんが、その他アプリを活用すれば、月額料金はスマホより安く、スマホと変わらない使い方をすることができます。

iPad向け格安SIMの選び方

ここからは早速、iPad向け格安SIMを選ぶ時のポイントをご紹介します。どれも外せないポイントですから、しっかりチェックしてくださいね。

キャリアからの乗り換えの場合は、利用回線を確認

キャリアからの乗り換えの場合は、利用回線を確認
キャリアからの乗り換えの場合、キャリアと同じ系列の回線を選んでください。例えば、auで利用していたiPadの場合は、au回線の格安SIMを利用できます。他の回線の格安SIMを使いたい場合は、SIMロック解除をする必要があります。ですが、解除の際に手数料がかかることや、古い端末では解除できないこともあるので、基本的には同じ回線を選ぶのがおすすめです。

格安SIMは契約時にau回線・docomo回線が自由に選べるところもありますが、au回線・docomo回線・softbank回線のいずれかだけの格安SIMも多いので要注意です!

利用目的に合わせてお得なプランを選ぶ

格安SIMは、提供している会社によってプラン内容に大きな差があります。どのようなプランが合っているのかは、使い方次第です。

Wi-Fiの使用がメインなら、小容量&価格重視で

Wi-Fiの使用がメインなら、小容量&価格重視で
スマホがメインでiPadはサブといった使い方や、家ではiPadをWi-Fiに繋げていて外でも一応使えるようにしておきたいという程度なら、100MBからの少ないデータ量のプランがある格安SIMがおすすめです。

一概には言えませんが、格安SIMの中でも月額料金が比較的高いものは、通信が安定していることが少なくありません。逆に、月額料金が安い格安SIMは安定性に少し欠ける場合も。こうした点も考慮しておくといいでしょう。

動画やゲームにも使いたいなら、大容量でのお得さを比較

動画やゲームにも使いたいなら、大容量でのお得さを比較
大手キャリアだと高額になりがちな、大容量のデータ通信ができるプランも、格安SIMならお得に利用できます。外で動画を観たり、ゲームをしたりしたいという人は、大容量のデータ通信ができるプランのある格安SIMを選びましょう。

カウントフリーを有効活用しよう

カウントフリーを有効活用しよう

ある決まったアプリ・サービスを、データ通信量の制限なく使える機能を「カウントフリー」と言います。例えばBIGLOBEモバイルでは、動画視聴分はデータ通信量制限なし・動画視放題の「エンタメフリー・オプション」が用意されています。


このようなカウントフリーもうまく活用できれば、データ通信量を抑えられそうですね。

月によって利用容量に差がある場合は?

月によって利用容量に差がある場合は?

格安SIMによっては、データ容量を後から追加購入できる場合も。月によって通信するデータ量に差がある人は、データ容量が少ないプランにしておいて月額料金を抑え、通信を使い過ぎてしまった時だけ、データ容量を追加購入するという使い方もできます。

通信速度も重要ポイント

通信速度も重要ポイント
キャリアの方が通信速度は優れていますが、基本的に格安SIMでも、iPadでサイトを閲覧したり、SNSを利用したりする程度であればストレスなく使うことができます。

ただし、朝の通勤時間帯や平日のランチタイムは、通信が重くなりがちです。この時間帯でも快適に使うことができる格安SIMは限られています。このような格安SIMは、月額料金も格安SIMの中では高めですが、サクサク使いたい人はこちらを選ぶことをおすすめします。

自分の端末は使える?動作確認は必ずチェック

自分の端末は使える?動作確認は必ずチェック

利用したい格安SIMが見つかったら、自分が持っているiPadの動作確認が取れているかも必ずチェックしておきましょう。


公式に動作確認がとれていない端末でも実際には利用できる場合もありますが、やはり動作確認が取れている格安SIMの方が安心して使えますよね。特にiPadの場合、格安SIMによって動作確認が取れている機種の数がかなり異なるため、公式サイトや店頭でしっかり確認しましょう。

契約条件やサービスの詳細も忘れずに

契約条件やサービスの詳細についてもチェックしておきたいところ。以下でポイントをご紹介します。

最低利用期間に注意しておこう

最低利用期間に注意しておこう

大手キャリアのような2年縛りはないものの、格安SIMでも最低利用期間を設けているところがあります。その期間内に解約すると、契約から何ヶ月後に解約したかによって解約金が決まるため、別の格安SIMからの乗り換えを考えているなら、この最低利用期間に注意しておきましょう。


現在は多くの格安SIMで最低利用期間を設定していないようですが、その代わりにMNP転出の際と同様にシステム手数料がかかることもあるため、こちらにもご注意を。

開通までの手順を確認。即日開通が可能な場合も

開通までの手順を確認。即日開通が可能な場合も

格安SIM公式サイトからの場合、たいていは24時間申し込みできます。20分ほどで必要事項を入力し、3~4日でSIMが到着するという流れですね。


そんなに待っていられない、すぐに使いたい!という場合には、即日開通が可能かをチェック。店頭で申し込みをしてSIMを受け取った後、初期設定が終われば利用することができます。利便性に関わるポイントですので、注目しておきましょう。

繰り越し・複数端末でのデータシェアができるかもチェック

繰り越し・複数端末でのデータシェアができるかもチェック

格安SIMによっては、使い切れなかったデータ容量を次の月に持ち越せるプランがある場合もあります。また、データ容量を複数端末で分けて使えるプランや、データ容量をプレゼントできるサービスがあるところも。


うまく活用すればデータ容量が足りなくなった月でも、追加購入せずに高速通信を使うことができますので、こちらも押さえておきたいですね。

サポート体制を確認!店頭対応がある場合も

サポート体制を確認!店頭対応がある場合も

格安SIMはキャリアに比べて店舗が少なく、対面でのサポートを受けることが難しい場合があります。それを補うため、格安SIMは公式サイトでチャットにて質問を受け付けていることが少なくありません。


電話やメールよりも手軽で、リアルタイムに回答が返ってくるため、ちょっとした質問は公式サイトでのチャットがおすすめ。逆に、どうしても端末や画面を見ながら直接サポートを受けたいという人は、自分が行きやすい場所に店舗がある格安SIMを選ぶのがおすすめです。

iPad向け格安SIMの人気ランキング10選

これまでのポイントを踏まえ、おすすめのiPad向け格安SIMをランキング形式でご紹介します。
10位
利用回線au回線・docomo回線月額900円(3GB)〜
カウントフリーなし最低利用期間利用開始日の翌月末日まで
即日開通繰り越し・データシェアタイプ違いのSIMでもデータシェア可
サポート電話・メール・チャット・Twitterアカウントでの問い合わせ対応
9位
利用回線docomo回線・ソフトバンク回線月額190円(100MB)〜
カウントフリーなし最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア×
サポートメール・電話での問い合わせ対応
8位
利用回線docomo回線月額600円(1GB)〜
カウントフリーDTI 見放題SIMプランでYouTube・Twitter・radiko・マイナビ・マイナビ学生の窓口最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア繰り越しのみ
サポートチャット・電話での問い合わせ対応
7位
利用回線au回線月額980円(3GB)〜
カウントフリーなし最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア繰り越しのみ
サポート電話・メール・チャット・店頭での問い合わせ対応
6位
利用回線docomo回線月額518円(1GB)〜
カウントフリーLINE・Twitter・Facebook・Facebook Messenger・Instagram(3GBプランより利用可・別途料金が必要)最低利用期間なし
即日開通×繰り越し・データシェア○(データシェアについては1GB〜7GBのプランで、2枚目以降1枚ごとに300円の追加料金が必要)
サポート電話・メール・チャットでの問い合わせ対応
5位
利用回線au回線・docomo回線月額900円(3GB)〜
カウントフリーYouTube・AbemaTV・U−NEXT・YouTube Kids・Apple Music・Spotify・AWA・Amazon Music・radiko.jp等が利用可能なエンタメフリーオプション(利用には別途オプション料金が必要)最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア○(データシェアには別途初期費用が必要)
サポート電話・メール・チャットでの問い合わせ対応
4位
利用回線docomo回線月額525円(最安値のベーシックプランは容量制限なしの代わりに常時200kbps)〜
カウントフリーなし最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア○(データシェアには別途使用料が必要)
サポート電話・チャット・店舗での問い合わせ対応・リモートサポート(別途料金が必要)
3位
利用回線au回線・docomo回線月額480円(1GB)〜
カウントフリーなし最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア繰り越しのみ
サポート電話・チャット・店舗での問い合わせ対応(全国のイオン200店舗以上で対応可)
2位
利用回線au回線・docomo回線月額700円(500MB)〜
カウントフリーLaLa Call最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア
サポート電話・チャット・店舗での問い合わせ対応・mineoファンサイト
1位
利用回線docomo回線月額500円(1GB)〜
カウントフリーLINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC(プランによる)最低利用期間なし
即日開通繰り越し・データシェア繰り越しのみ
サポート電話・メール・チャットでの問い合わせ対応

iPad向け人気格安SIMの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格利用回線月額カウントフリー最低利用期間即日開通繰り越し・データシェアサポート商品リンク
1
LINEモバイル

LINEモバイル

iPadの動作確認が充実docomo回線500円(1GB)〜LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC(プランによる)なし繰り越しのみ電話・メール・チャットでの問い合わせ対応詳細を見る
2
mineo

mineo

高い顧客満足度au回線・docomo回線700円(500MB)〜LaLa Callなし電話・チャット・店舗での問い合わせ対応・mineoファンサイト詳細を見る
3
イオンモバイル

イオンモバイル

サポート店舗数の圧倒的な多さが魅力!au回線・docomo回線480円(1GB)〜なしなし繰り越しのみ電話・チャット・店舗での問い合わせ対応(全国のイオン200店舗以上で対応可)詳細を見る
4
楽天モバイル

楽天モバイル

シェアNo.1の格安SIMdocomo回線525円(最安値のベーシックプランは容量制限なしの代わりに常時200kbps)〜なしなし○(データシェアには別途使用料が必要)電話・チャット・店舗での問い合わせ対応・リモートサポート(別途料金が必要)詳細を見る
5
BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

格安SIMのみで、データ通信もWi-Fiも使える!au回線・docomo回線900円(3GB)〜YouTube・AbemaTV・U−NEXT・YouTube Kids・Apple Music・Spotify・AWA・Amazon Music・radiko.jp等が利用可能なエンタメフリーオプション(利用には別途オプション料金が必要)なし○(データシェアには別途初期費用が必要)電話・メール・チャットでの問い合わせ対応詳細を見る
6
DMM mobile

DMM mobile

安いのにサポート充実docomo回線518円(1GB)〜LINE・Twitter・Facebook・Facebook Messenger・Instagram(3GBプランより利用可・別途料金が必要)なし×○(データシェアについては1GB〜7GBのプランで、2枚目以降1枚ごとに300円の追加料金が必要)電話・メール・チャットでの問い合わせ対応詳細を見る
7
UQ mobile

UQ mobile

通信の安定性抜群au回線980円(3GB)〜なしなし繰り越しのみ電話・メール・チャット・店頭での問い合わせ対応詳細を見る
8
DTI

DTI

YouTubeとTwitterが使い放題docomo回線600円(1GB)〜DTI 見放題SIMプランでYouTube・Twitter・radiko・マイナビ・マイナビ学生の窓口なし繰り越しのみチャット・電話での問い合わせ対応詳細を見る
9
b-mobile

b-mobile

驚きの月額料金docomo回線・ソフトバンク回線190円(100MB)〜なしなし×メール・電話での問い合わせ対応詳細を見る
10
IIJmio

IIJmio

格安SIM老舗の安心感au回線・docomo回線900円(3GB)〜なし利用開始日の翌月末日までタイプ違いのSIMでもデータシェア可電話・メール・チャット・Twitterアカウントでの問い合わせ対応詳細を見る

まとめ

iPad向け格安SIMランキングの中で、気になるものはありましたでしょうか。今、次々と新しい格安SIMが発表されています。ご紹介したポイントを参考に、ぴったりのiPad向け格安SIMを見付けてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す