• ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選【ルアー釣り・ライトソルト用も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選【ルアー釣り・ライトソルト用も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選【ルアー釣り・ライトソルト用も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選【ルアー釣り・ライトソルト用も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選【ルアー釣り・ライトソルト用も!】のアイキャッチ画像5枚目

ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選【ルアー釣り・ライトソルト用も!】

タモ、玉網とも呼ばれるランディングネット。一口にランディングネットと言っても磯釣りや渓流釣り、またバス釣り用などで適したタイプは異なります。さらにダイワやメジャークラフトなどのメーカーから種類豊富に出ているため、これから釣りを始める方はどれを選ぶか迷うところでしょう。

ここでは釣り初心者の方にも分かりやすいよう、それぞれの釣り方に合わせたランディングネットの選び方と、おすすめの商品をランキング形式で10選お届けしていきます。ぜひ、ご自分の使い方に合った一品を見つけてみてくださいね。
  • 最終更新日:2019年05月30日
  • 33,078  views
目次

ランディングネットの選び方

釣りのジャンルや釣りたい魚種、そして魚の大きさによって適したランディングネットの大きさや素材は異なります。スムーズなランディングネット選びのため、1つ1つ特徴を見ていきましょう!

釣りのジャンル別に選ぼう

釣り初心者がランディングネットを選ぶ時は、すでにやりたい釣りのジャンルが決まっていることが多いですよね。そこで、釣りのジャンル別におすすめのランディングネットの選び方をご紹介していきます。

渓流での餌釣りには30cm程度の「丸型」を

渓流での餌釣りには30cm程度の「丸型」を

出典:amazon.co.jp

渓流で餌釣りをする場合は、枠のサイズが30cmの「丸型」と言われるランディングネットがおすすめ!渓流での餌釣りでは、魚がヒットしたら空中に抜き上げるなんてシーンもありますよね。そんな時に、ランディングネットの受け口が広い丸型であれば、すんなりと魚を取り込むことができますよ。

渓流でのルアー釣りなら、コンパクトなものが◎

渓流でのルアー釣りなら、コンパクトなものが◎

出典:amazon.co.jp

渓流釣りのルアーフィッシングでは、餌釣りと比べてコンパクトで持ち運びがしやすく、枠のサイズも30cm未満のものがおすすめ。ルアーフィッシングは、フットワークの軽さとテンポの良い釣りが最大のメリットですから、できるだけコンパクトで携帯性を重視したものを選びましょう!

またストラップつきのネットであれば、使用しない時はフィッシングベストに取り付けておくことができるので、釣りの邪魔になりません。こちらも押さえておきたいですね。

磯釣りなら「振り出し式」が最適

磯釣りなら「振り出し式」が最適

出典:amazon.co.jp

磯釣りをする人におすすめなのは、「振り出し式のランディングネット」でしょう。磯釣りは言葉通り足場の悪い磯で行うため、高い場所からの釣りを余儀なくされることもしばしば。釣った魚を高い位置から取り込むには「振り出し式のランディングネット」がベストです。

振り出し式のランディングネットを選ぶ場合には自分が行く磯に合わせて、何mの柄の長さが良いのかを考えておきましょう。使う場所にもよりますが、最低でも3mは必要となるので、こちらも把握しておきたいですね。

ライトソルトには、カラビナ付きがおすすめ!

ライトソルトには、カラビナ付きがおすすめ!

出典:amazon.co.jp

磯のような高い場所からの釣りではなくても、足場の悪いテトラポッドのような場所でアジやメバルを釣る方には、ライトソルト用に携帯性があり、カラビナなどがついたランディングネットがおすすめ!

ここ最近人気がある堤防やテトラポッド周りでのちょい投げですが、足場が悪いため、釣った魚が海へポロリ…なんてこともありますよね。そんな時にも携帯性に優れたネットが1つあれば、釣った魚をポロリせずにフックを外すことができるんです。とても便利ですよ!

バス釣りのランガンなら、ズームネットを

バス釣りのランガンなら、ズームネットを

出典:amazon.co.jp

バス釣りのランガンでは、足場が悪い土手や崖のような場所でも釣りをすることがあるので、受け口が広くズーム機能がある振り出し式のランディングネットが最適。できればズーム時の全長が3m前後で、ランガンという特徴から、携帯性が高いストラップを完備しているものを強くおすすめします。

受け口のタイプで選ぼう

ランディングネットの受け口には、大きく分けて2つのタイプがあります。それぞれのタイプ別に、適した釣りがありますので、まずは1つずつどんなタイプがあるのかをチェックしてみましょう!

扱いやすいオーソドックスな丸型タイプ

扱いやすいオーソドックスな丸型タイプ

出典:amazon.co.jp

どのランディングネットを選んで良いか分からない時には、丸型タイプを基準に考えることがおすすめ。丸型タイプは受け口が広く、魚を入れやすいのが最大のメリットで、釣り初心者の方や魚の動きに慣れていない方にはこちらが断然おすすめです。

丸型は渓流釣りや鮎釣り、磯釣り、鯉釣りなどに幅広く用いられていますよ。その一方で、縦に長い魚や大きいサイズの魚はすくいづらいという特徴があるため、最初から大物を釣りたい人には向きません。しかし、初心者ならまず最初に購入したいタイプですので、しっかり押さえておきましょう。

大物狙いならオーバルタイプを

大物狙いならオーバルタイプを

出典:amazon.co.jp

最初から大物を狙っている方には、楕円形のランディングネットである「オーバルタイプ」がおすすめ。こちらは縦に長い魚や大きいサイズの魚をすくいやすいよう、受け口が広めの楕円形になっているので、ふいの大物でも慌てずに釣り上げることができます。

「オーバルタイプ」は主にルアーフィッシングで多く採用されており、シーバスやサクラマス、ビッグバスなど魚種を問わず大物に対応できます。なお大物を狙う場合には受け口が50cm、奥行きも50cm程度を目安に購入しましょう。

折りたたみ可能かもチェック

ランガンのように釣り歩くスタイルでフィッシングをする場合には、折りたたみ可能なランディングネットの方が良い場合もあります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

ワンピースタイプのランディングネットなら、強度もばっちり

ワンピースタイプのランディングネットなら、強度もばっちり

出典:amazon.co.jp

携帯性より強度の高いランディングネットをお求めなら、ワンピースタイプが最適。このタイプなら折りたたみのためのジョイント部分がないので、ふいの大物が来た時に「柄が折れた!」ということにもなりにくいですよ。そのため大物狙いの方であれば、ワンピースタイプがおすすめ。

折りたためないので携帯性という点ではやや劣りますが、車で頻繁に場所を移動する方や、あまり長時間歩く釣りをしない方なら問題ないでしょう。

携帯性の良さなら、やっぱり折りたたみ式

携帯性の良さなら、やっぱり折りたたみ式

出典:amazon.co.jp

ランガンスタイルのバス釣りや、険しい源流を遡行する源流釣りをする方には折りたたみ式のランディングネットがおすすめ。長距離を徒歩で移動したり、険しい道を歩かなくてはいけない場合にランディングネットが大きいと釣りの効率も悪くなりますので、ぜひこちらを検討してみてください。

ただその一方で、折りたたみ式という特徴上、強度に関してはワンピースネットよりは劣ります。大きな魚を狙う場合には、ワンピースに切り替えていきましょう。

網の素材で選ぼう

ランディングネットの網の素材は、大きく分けて3つあります。素材の特徴も押さえて、自分の行う釣りに最適なものをチョイスしましょう。

強度抜群の撚り糸製

強度抜群の撚り糸製

出典:amazon.co.jp

漁業道具にも使われる、非常に強度が高い撚り糸を使用したランディングネットは、確実に魚をゲットしたい方におすすめ。魚が暴れても、破れることはまずないと思って大丈夫です。ただその代わり、糸を編み込んで作られているので、針が刺さるとすぐに外れないというデメリットもあります。

また、魚のウロコが剥がれ魚が傷つきやすくなるので、魚を安全にリリースする場合にはあまりおすすめできません。ここぞという大物を仕留める時に使いたいですね。

安価に手に入るナイロン製

安価に手に入るナイロン製

出典:amazon.co.jp

もっとも安価に購入することができ、どんな釣りジャンルにも対応できるので、初心者が購入に迷った時は「ナイロン製」が断然おすすめ。ナイロン製は単一の網目で構成されていて、小さい魚から大きな魚まで魚種を問わず対応することができます。

デメリットは針が刺さると抜きにくいという点と、撚り糸ほどではないにしても、魚の体力を奪ってしまいがちだという点。ただ最近では技術が進化しており、ナイロンにラバーコーティングをし、魚を傷つけない工夫が施されているものも。ナイロン製の場合には、加工についてもチェックしてみてくださいね。

魚に優しいラバーネット製

魚に優しいラバーネット製

出典:amazon.co.jp

ゴムのような弾性を持つラバー製のランディングネットであれば、魚の体を傷つけずに釣り上げることができます。このためこちらはキャッチ&リリースを行う方や、環境にも配慮したい方におすすめ。最近では魚を保護しようという観点から、ラバーネットが普及しています。釣りをするなら、環境のことも考えながら行なっていきたいですよね。

ランディングネットのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、今人気のあるランディングネットを10選でお届けしていきます。ぜひ、自分の使い方に合ったネットを見つけてくださいね!
10位

ゴチュールラバーランディングネット

2,980円 (税込)

サイズ全長/幅/深さ約62.5cm×24cm×23cm
ジャンル渓流釣り・バス釣りなど
受け口タイプオーバル型
折りたたみ×
網の素材ラバータイプ
9位

アキスコARカスタムランディングネット サーモン

15,305円 (税込)

サイズ全長約695mm・内部幅415mm・奥行約490mm
ジャンル渓流釣り・バス釣りなど
受け口タイプオーバル型
折りたたみ×
網の素材ナイロン
8位

ダイワランディングネット ワンタッチ渓流ダモ

469579

2,916円 (税込)

サイズ枠サイズ30cm
ジャンル渓流釣り・小物釣り
受け口タイプ丸型
折りたたみ
網の素材ナイロン
7位
サイズ枠サイズ39cm
ジャンル鮎釣り・渓流釣りなど
受け口タイプ丸型
折りたたみ
網の素材ナイロン
6位

ダイワ玉網ランディングポール 2

12,315円 (税込)

サイズ全長6.04m・仕舞寸法81cm
ジャンル磯釣り・堤防釣りなど
受け口タイプ丸型
折りたたみ
網の素材-
5位

メジャークラフトファーストキャスト ランディングセット5m

6,418円 (税込)

サイズ全長5m・仕舞寸法60.5cm
ジャンル磯釣り・バス釣り・シーバスフィッシング
受け口タイプオーバル型
折りたたみ
網の素材ナイロン
4位

プロックス ラバーランディングネット 12型

1,696円 (税込)

サイズ全長59cm・枠サイズ12型(外径)37.8×31cm ・(内径)37×29.5cm
ジャンル渓流釣・ライトソルト・バス・管理釣り場など
受け口タイプオーバル型
折りたたみ×
網の素材ラバー
3位

タカミヤ H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト

KP-2039 300

4,363円 (税込)

サイズ全長296cm・玉枠サイズ約40×35cm
ジャンル全ジャンル対応
受け口タイプオーバル型
折りたたみ
網の素材-
2位

プロマリンランガンランディングセット250

3,197円 (税込)

サイズ全長2.5m・仕舞寸法39.5cm
ジャンル全ジャンル対応
受け口タイプ丸型
折りたたみ
網の素材ラバー
1位

オージーケーランディングシャフトミニセット 340

LSMS340

5,703円 (税込)

サイズ全長3m・仕舞寸法42cm
ジャンル全ジャンル対応
受け口タイプオーバル型
折りたたみ
網の素材ラバーコーティング
商品画像
1
ランディングネット オージーケー ランディングシャフトミニセット 340 1枚目

オージーケー

2
ランディングネット プロマリン ランガンランディングセット250 1枚目

プロマリン

3
ランディングネット タカミヤ  H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト 1枚目

タカミヤ

4
ランディングネット プロックス  ラバーランディングネット 12型 1枚目

プロックス

5
ランディングネット メジャークラフト ファーストキャスト ランディングセット5m  1枚目

メジャークラフト

6
ランディングネット ダイワ 玉網ランディングポール 2  1枚目

ダイワ

7
ランディングネット 昌栄 鮎玉 オリーブ 1枚目

昌栄

8
ランディングネット ダイワ ランディングネット  ワンタッチ渓流ダモ 1枚目

ダイワ

9
ランディングネット アキスコ ARカスタムランディングネット サーモン  1枚目

アキスコ

10
ランディングネット ゴチュール ラバーランディングネット    1枚目

ゴチュール

商品名

ランディングシャフトミニセット 340

ランガンランディングセット250

H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト

ラバーランディングネット 12型

ファーストキャスト ランディングセット5m

玉網ランディングポール 2

鮎玉 オリーブ

ランディングネット ワンタッチ渓流ダモ

ARカスタムランディングネット サーモン

ラバーランディングネット

特徴持ち運びやすさ・耐久性もバッチリ!コスパ最強!どの釣りでも気軽に持ち運べるランガンスタイルならなんでもござれ!フックつきで持ち運びラクラク!魚に優しいラバー製コスパ最強!磯釣りからシーバスまで幅広く対応全長6mのアドバンテージは高所からの釣りにもピッタリ広い受け口で、魚を抜く時に便利!専用バッグに折りたたんで携帯できる大型魚を確実にキャッチしたい方におすすめ魚に優しいラバー製!持ち運びも◎
価格5,703円(税込)3,197円(税込)4,363円(税込)1,696円(税込)6,418円(税込)12,315円(税込)1,425円(税込)2,916円(税込)15,305円(税込)2,980円(税込)
サイズ全長3m・仕舞寸法42cm全長2.5m・仕舞寸法39.5cm全長296cm・玉枠サイズ約40×35cm全長59cm・枠サイズ12型(外径)37.8×31cm ・(内径)37×29.5cm全長5m・仕舞寸法60.5cm全長6.04m・仕舞寸法81cm枠サイズ39cm枠サイズ30cm全長約695mm・内部幅415mm・奥行約490mm全長/幅/深さ約62.5cm×24cm×23cm
ジャンル全ジャンル対応全ジャンル対応全ジャンル対応渓流釣・ライトソルト・バス・管理釣り場など磯釣り・バス釣り・シーバスフィッシング磯釣り・堤防釣りなど鮎釣り・渓流釣りなど渓流釣り・小物釣り渓流釣り・バス釣りなど渓流釣り・バス釣りなど
受け口タイプオーバル型丸型オーバル型オーバル型オーバル型丸型丸型丸型オーバル型オーバル型
折りたたみ×××
網の素材ラバーコーティングラバー-ラバーナイロン-ナイロンナイロンナイロンラバータイプ
商品リンク

おすすめ人気ランディングネットの比較一覧表

ランディングネットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、おすすめのランディングネットのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

みなさんここまでいかがでしたでしょうか。ランディングネットは、対象とする魚種や釣り方に合わせて選ぶと、ベストなものに行き着くことができるでしょう。ご自分の使い方に合わせて丸型やオーバル型、網の種類、折りたたみの有無などを比較し、最適なランディングネットを手に入れてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す