• 母乳にいい食べ物のおすすめ人気ランキング7選【母乳育児を応援!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 母乳にいい食べ物のおすすめ人気ランキング7選【母乳育児を応援!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 母乳にいい食べ物のおすすめ人気ランキング7選【母乳育児を応援!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 母乳にいい食べ物のおすすめ人気ランキング7選【母乳育児を応援!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 母乳にいい食べ物のおすすめ人気ランキング7選【母乳育児を応援!】のアイキャッチ画像5枚目

母乳にいい食べ物のおすすめ人気ランキング7選【母乳育児を応援!】

待望の我が子を出産して、すぐに向き合うことになるのが授乳です。ミルクで代替できるとはいえ、母乳は赤ちゃんが生きるために必要なエネルギー源のほとんどを占めており、免疫力アップのために必要な抗体を与えるという意味でも、とても重要です。母乳と食べ物の因果関係についての医学的な根拠は明確には示されていませんが、多くの方の間で経験則として語り継がれている点は無視できませんし、産後でなくとも健康な体作りのために栄養価の高い食品は欠かせませんよね。

そこで今回は母乳に良いとされる食べ物の中から、通販でも簡単に購入できる商品をランキング形式でご紹介したいと思います。忙しい時でも手軽に食べやすい商品を揃えましたので、ぜひ参考にしてくださいね!
  • 最終更新日:2019年12月16日
  • 103,403  views
目次

母乳にいい食べ物の選び方

そもそも母乳いい食べ物というのはどのような食べ物なのでしょうか。母乳に良いとされる食品の特徴と、それらを選ぶときのポイントをまとめてみました。

血液を増強させる栄養素を含むもの

母乳はお母さんの血液から作られます。そのため質の良い母乳を出すためには、特効薬のようにひとつの食品を食べるのではなく、しっかりと血液を増強させるための栄養素を含んだ食品をバランスよく摂取することが大切です。意識して、以下にまとめた栄養素を含んだ食品をうまく食事にとり入れるようにしていきましょう。

元気な体を作るもと!タンパク質

元気な体を作るもと!タンパク質
血液を増強させるために必要な栄養素のうち、お母さんの体や赤ちゃんの体を作る上で欠かせない栄養素がタンパク質です。脂肪分の少ない鶏むね肉・赤みの肉・小魚などはコレステロールを気にすることなく摂取でき、他の栄養価も高いのでおすすめです。

また、豆腐などの大豆製品はタンパク質や鉄などの栄養素が豊富で、イソフラボンなどの女性ホルモンに似た働きをする物質が含まれており、母乳の作る働きを強めたり、コレステロールを抑制したりと女性に嬉しい健康効果が高いことで知られています。貧血対策にも良いとされているので、母乳育児中の方には特に取り入れてほしい食品ですね。

栄養を吸収する接着剤のように働くビタミン

栄養を吸収する接着剤のように働くビタミン
鉄分やカルシウムの吸収に欠かせない役割を果たす、ビタミン類も大切な栄養素です。果物でもビタミンを摂取できますが、果糖が多く、体を冷やしたりすることもあるので、体を温めて血液の循環を良くする根菜などで摂取するのがおすすめです。

野菜に含まれるビタミンCやビタミンAなどの他に、ほぼ肉や魚・貝類などの動物性食品からしか摂取できないB12などもあります。ビタミンはさまざまな栄養素を吸収するために大切な働きをしますから、一つの食品にこだわらず、多くの食材から摂れるようにしたいですね。

血液中の酸素の運搬役!鉄分

血液中の酸素の運搬役!鉄分
鉄分は血液に酸素を送って体中に送り届ける赤血球を作る材料になります。妊娠中ほど意識する必要はないとはいえ、血液の増強にはやはり欠かせない栄養素です。前述したタンパク質とビタミンと一緒に摂ることで鉄分を体内に吸収しやすくなるので、ぜひ食事の際に取り入れたいですね。

鉄分の多い食品はレバーなどが挙げられますが、レバーはビタミンAの過剰摂取になる恐れもあるので、妊娠中は注意が必要です。海藻類、特に焼きのりなどは手軽に食べやすく、色々な料理に食材としても取り入れやすいのでおすすめですよ。

腸内環境を改善する発酵食品を取り入れる!

腸内環境を改善する発酵食品を取り入れる!
母乳にいい食品というと血液づくりに目が行きがちですが、お母さんの胃腸を労わるということも忘れてはならない大事なポイントです。腸は消化吸収などの機能のほかに、ホルモンバランスや免疫機能など心身と密接に関わっている器官です。腸内環境の良し悪しが、体全体のコンディションや血液の質にも影響してくるんですね。

そのため、ホルモンバランスを整えて母乳の質を良くしたいなら、腸内環境の改善に役立つ発酵食品を積極的に取り入れていくのがおすすめ。日本には味噌や醤油、納豆など古くから伝わる身近な発酵食品がたくさんあるので、普段の食事でも無理なく食べることができそうですね。

低脂肪で消化が良いものを選ぶ

低脂肪で消化が良いものを選ぶ
母乳をスムーズに出すためには、血液循環の良さもカギになってきます。血液の循環を良くしたいなら、血中のコレステロール値をあげてしまうような脂っぽいものは避けた方が良いでしょう。油脂分の多い食べ物は消化の際にどうしても胃腸に負担が掛かりますし、内臓の機能全体を弱めてしまい、便秘などの不調が出てしまう可能性もあります。

ここまでに何度かご紹介した豆腐などの大豆食品は低脂肪で消化が良いため、こうした意味でもおすすめですよ。

シンプルな調理で手軽に食べられるものを選ぶ

シンプルな調理で手軽に食べられるものを選ぶ
栄養価がどれだけ優れていても、調理に手間がかかる食品ではお母さんたちのストレスになってしまいます。お母さんは赤ちゃんの授乳やぐずりに一日中対応しなければなりませんから、ぱっと手軽に食べられるものであることも大切なポイントです。

例えば、様々な具材を放り込んで煮るだけで済むお味噌汁などはおすすめです。フリーズドライのお味噌汁などもありますので、上手に使って家事の手間を軽減したいですよね。また、手軽に作って食べられるおにぎりやふりかけなども忙しい産後ママの強い味方です。おやつとして食べられる野菜チップはサラダのトッピングなどに利用することもできますから、上手く使っていきたいですね。

母乳にいい食べ物のおすすめ人気ランキング7選

それでは具体的に、母乳にいい食べ物の中でもおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います!
7位
原材料じゃがいも・さつまいも・人参・里芋・赤大根等
内容量110g×2袋
添加物甘味料(トレハロース)
6位
原材料米みそ(大豆は遺伝子組換えでない)・こまつな・油揚げ(大豆は遺伝子組換えでない)等
内容量9g×20袋
添加物デキストリン・酵母エキス・酸化防止剤(ビタミンE)
5位
原材料大豆
内容量60g×6本
添加物なし
4位
原材料有機大豆
内容量120g
添加物なし
3位
母乳にいい食べ物 夢もめん  無農薬・無添加のもめん豆冨 1枚目
出典:amazon.co.jp

夢もめん 無農薬・無添加のもめん豆冨

498円 (税込)

原材料無農薬大豆・にがり
内容量300g
添加物なし
2位
原材料ちりめん・本醸造醤油・粗目・純米酒・本味醂等
内容量500g
添加物なし
1位

はっとり海苔訳あり 愛知三河産 焼のり

2,680円 (税込)

原材料海苔
内容量全形のり100枚
添加物なし

おすすめ人気母乳にいい食べ物の比較一覧表

商品画像
1
母乳にいい食べ物 はっとり海苔 訳あり 愛知三河産 焼のり 1枚目

はっとり海苔

2
母乳にいい食べ物 まるとも海産 ちりめん山椒 1枚目

まるとも海産

3
母乳にいい食べ物 夢もめん  無農薬・無添加のもめん豆冨 1枚目

夢もめん

4
母乳にいい食べ物 ムソー 国内産有機きな粉 1枚目

ムソー

5
母乳にいい食べ物 ここさち 完全無添加 納豆フレーク 1枚目

ここさち

6
母乳にいい食べ物 アマノフーズ こまつ菜 合わせ 1枚目

アマノフーズ

7
母乳にいい食べ物 自然の館 10種類の野菜チップス 1枚目

自然の館

商品名

訳あり 愛知三河産 焼のり

ちりめん山椒

無農薬・無添加のもめん豆冨

国内産有機きな粉

完全無添加 納豆フレーク

こまつ菜 合わせ

10種類の野菜チップス

特徴タンパク質・カロテン・ビタミン・鉄分がたっぷりまるごと食べてビタミン・ミネラルを補給!無農薬が嬉しい!料理割烹の木綿豆腐パスタや胡麻和えにも!ひと匙で手軽に鉄分補給匂いと粘りをオフ!納豆嫌いさんにもおすすめワンオペ育児で辛いときに!お湯を注ぐだけで簡単おやつを食べながら手軽に栄養補給ができる
最安値
2,680
送料要確認
詳細を見る
2,970
送料別
詳細を見る
498
送料要確認
詳細を見る
248
送料要確認
詳細を見る
要確認
110
送料別
詳細を見る
1,000
送料要確認
詳細を見る
原材料海苔ちりめん・本醸造醤油・粗目・純米酒・本味醂等無農薬大豆・にがり有機大豆大豆米みそ(大豆は遺伝子組換えでない)・こまつな・油揚げ(大豆は遺伝子組換えでない)等じゃがいも・さつまいも・人参・里芋・赤大根等
内容量全形のり100枚500g300g120g60g×6本9g×20袋110g×2袋
添加物なしなしなしなしなしデキストリン・酵母エキス・酸化防止剤(ビタミンE)甘味料(トレハロース)
商品リンク

授乳中に避けるべき食べ物

ここまで母乳にいい食べ物をご紹介してきましたが、逆に避けた方が良い食品もあります。そちらについても留意しておきましょう。

アルコールとカフェインは厳禁

アルコールとカフェインは厳禁
アルコールやカフェインは母乳を通じて赤ちゃんの発達や成長に悪影響を及ぼすということは周知の通りですが、少量なら問題ないと考えている方も少なからずいるようです。コーヒーは1日2杯までなら良しとされることもありますが、個人の体質によって影響の大きさは異なるため、他の人が良くても自分に当てはまるかは不明です。

赤ちゃんへの影響はもちろん、授乳などで睡眠不足になりやすい産後にカフェインをとることは安眠を妨げ、産後うつなどの原因にもなりかねません。コーヒー以外にもカフェインの含まれている食品にはチョコレートや抹茶などがあるので、授乳中は注意しましょう。

添加物の多い加工品は避けた方がベター

添加物の多い加工品は避けた方がベター
日本では食品添加物のなどの規制がまだ諸外国に比べて緩く、長期的にみると健康の良くないものも多く流通しています。完全に避けることは難しいかもしれませんが、できるだけ食品添加物などが加えられていない、無添加の食品を選ぶことが望ましいでしょう。

なかでもハムやソーセージなどに使われるリン酸塩はカルシウムの吸収を阻害し、亜硝酸塩は発がん性が懸念されている食品添加物です。健康な母乳を出す体作りのためにはこれらが使われている食品は避けた方が良いでしょう。

甘いものや冷たいもののとりすぎに注意

甘いものや冷たいもののとりすぎに注意
糖分を多く含む甘い食べ物はその性質上、血糖値の急激なアップダウンを習慣化させやすくなります。これが習慣化してしまうと糖質を分解するために必要なビタミンB1などの栄養素が不足し、母乳を作るための栄養バランスが崩れてしまうことにつながります。またコレステロール値が高い食品は血液の循環を悪くし、乳腺が詰まりやすくなる原因を作るとも言われています。

さらに、アイスクリームなどの冷たい食べ物にも注意が必要です。冷たい食べ物や飲み物は体を冷やしてしまうだけでなく、意外に多くの砂糖や脂質が使われていることも多く、胃腸にも負担を掛けてしまいます。リフレッシュのために少量食べる分には問題ありませんが、授乳中は極力控えておきましょうね。

母乳にいいドリンクで、授乳中のママをさらに応援!

食べ物だけでなく、母乳の出を助けてくれる飲み物ももちろんありますよ。以下の記事では、そんな授乳中のママをもっとサポートしてくれるドリンクを多数ご紹介しています。栄養があり、リラックス効果も期待できるハーブティーなども、ぜひ取り入れてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。母乳にいいとされる食べ物は、シンプルで古くから慣れ親しまれている和の食材がベースになったものが多いようでしたね。和食が良いとはいえ、なかなか下ごしらえなどに手間や時間が取れない育児中のことですから、今回ご紹介したような商品を取り入れて、手軽に栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。

ぜひ皆様も今回の記事をご参考に、美味しく食べて健やかな母乳育児を楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す