• 938af0382dcc12e74f576c9fcd4abdf545ba299a
  • 8623c2523a6144b3f039e5b3b0751f81861a8eeb
  • F09b9adf0ed48c8125a4577ea486a1da0a60df90
  • 84576d6eab1587f036affc18658d1cb4658407ae
  • 433d963981e0cd74cd7a6e2129bdd13bed83542e

歯肉炎におすすめの歯磨き粉ランキング10選【殺菌・抗炎症】

寝起きの際に口の中がネバネバする・歯磨きしていたら出血した・歯ぐきがなんとなく腫れている…これらは歯肉炎の症状です。歯周病の中でも軽度のものを指し、歯ぐきの炎症を歯肉炎と呼びます。適切な対応をせずに放置し続けて悪化してしまうと、歯肉炎から歯周炎に変わり、骨にまで細菌が繁殖する恐れが…。そういった理由からも、歯肉炎を未然に食い止めることが大切。

今回ご紹介する歯肉炎におすすめの歯磨き粉は、数ある市販の商品の中から、選りすぐりをランキング形式でピックアップしています。日頃から歯肉炎対策のできる歯磨き粉で細菌の繁殖を防ぎ、健康な歯ぐきを目指してみませんか?

最終更新日:2017年12月12日 | 3,991views

歯肉炎におすすめの歯磨き粉の選び方

歯周炎になってしまったら歯科医院に行って治してもらうのがベストですが、軽度の歯肉炎であれば毎日の歯磨きでもケアはできます。

歯肉炎の原因は歯垢による細菌の繁殖。歯周ポケットにしっかり入り込んで歯垢をかき出せる歯ブラシを使い、歯ぐきをマッサージすることが大切です。合わせて適切な歯磨き粉を使うこと。ではどのような歯磨き粉を選べばよいのでしょうか?

ここでは歯肉炎に効果の期待できる歯磨き粉の選び方をまとめています。選び方のポイントを押さえつつ、自分にぴったりの歯肉炎対策歯磨き粉を選んでみてくださいね。

殺菌効果のあるものを選ぶ

Loading
上記でも書いたように、歯肉炎を防止するには口内細菌の繁殖を防ぐことが大切です。殺菌効果の高い成分が入っているか、歯磨き粉のパッケージをチェックしてみましょう。

・クロルヘキシジン(グルコン酸クロルヘキシジン・演歌クロルヘキシジン)
・トリクロサン
・CPC(塩化セチルピリジニウム)
・IPMP(イソプロピルメチルフェノール)など

これらの成分は殺菌効果が高く、歯肉炎対策歯磨き粉の成分として含まれていることが多いです。上記の成分はあくまで代表的な成分ですが、歯磨き粉のパッケージに書いてあれば歯肉炎対策として効果が期待できるでしょう。

歯ぐきの腫れを抑える抗炎症成分が入っているかチェックする

Loading
痛みを感じるようになってくると、歯肉炎も悪化している疑いがあります。歯ぐきに痛みを感じる前に、ちょっと腫れているんじゃないかと感じたら、抗炎症効果のある成分が入った歯磨き粉を使ってみるのもおすすめです。

もちろん痛みや腫れを感じる前に未然に歯肉炎を防ぐことが1番良いことですが、炎症を感じたら下記のような抗炎症効果成分が入った歯磨き粉を使ってみましょう。

・トラネキサム酸
・イプシロンアミノカプロン酸 など

研磨剤入りの歯磨き粉は上手に使って多用しない

Loading
研磨剤が入っている歯磨き粉を選ぶメリットは、落としにくい歯垢を落としやすくしてくれる効果や歯に付いたステインなどの着色汚れもとってくれること。歯垢による細菌の繁殖は歯肉炎の原因なので、研磨剤入りの歯磨き粉を歯肉炎対策で使うのは決して間違っていることではありません。

ただ、研磨剤は多用すると歯の表面を削ってしまうだけでなく、歯ぐきにもダメージを与えることがあります。弱っている歯ぐきには負担になるということです。以上のことからもメリット・デメリットを理解した上で、研磨剤入りの歯磨き粉は選ぶと良いですね。

フレーバーも重要なチェック項目

Loading
歯肉炎対策の歯磨き粉は、虫歯対策用の歯磨き粉と比べるとフレーバーの種類は少ないです。あまり味を楽しんで歯磨きすることはないと思いますが、どちらかというと入っている成分上、まずいと感じるフレーバーも少なからずあります。

もちろん味の好みは人によって違いますが、あまりにきついミントやハーブの味などはレビューでも指摘されていることが多いです。気にならない人には全く関係ないことですが、口に合わないフレーバーだとリピートしづらいですよね。細かいことですが、フレーバーにも目を向けてみたり、レビューをチェックしてみることをおすすめします。

歯肉炎におすすめの歯磨き粉ランキング10選

歯肉炎対策歯磨き粉の選び方をチェックした後でこのランキングをチェックしてもらうと、どの歯磨き粉が自分にあっているか見つけやすくなります。

ここで紹介している10種類の歯磨き粉はどれも歯肉炎対策として、人気・知名度の高いものばかりです。自分に合った歯磨き粉を選んで歯肉炎を防ぎ、健やかな歯ぐきをキープしてみませんか?では、早速ランキングをチェックしましょう!

10位:生葉 生葉EX

・成分:塩化Na・トコフェロール酢酸エステル・モノフルオロリン酸ナトリウム・β-グリチルレチン酸・ヒノキチオールほか
・研磨剤:あり
・味:ハーブミント

13種類もの天然植物由来成分で、歯ぐきが引き締まるのを実感

ヒノキチオールという殺菌成分が、歯肉炎の元となる細菌の繁殖を押さえ込みます。生葉シリーズの中で済田の13種類の天然植物由来成分配合で、歯ぐきの腫れや出血を防止。

生葉という名の通り、ハーブ感の強いフレーバーでちょっとクセがある味です。リピーターも多い歯磨き粉ですが、1度の使用で味が合わずに使うのをやめてしまったという人も。歯ぐきの引き締まる感じを実感したユーザーも多いので、歯ぐきのことを考えれば使ってみる価値アリです。

9位:薬用シュミテクト 歯周病ケア

アース製薬 薬用シュミテクト 歯周病ケア
473円(税込)

・成分:硝酸カリウム(KNO₃) ・フッ化ナトリウム(フッ素)・グリチルリチン酸モノアンモニウム(MAG) ・ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタインほか
・研磨剤:あり
・味:-

知覚過敏だけでなく、歯ぐきの炎症にも効果的な歯磨き粉

知覚過敏ケア歯磨き粉の売上No.1として知られているシュミテクトシリーズ。こちらの歯磨き粉には炎症を抑えるグリチルリチン酸モノアンモニウムが含まれているので、歯ぐきの腫れにも効果が期待できます。フッ素も入っているため、虫歯予防も同時に行えるのが良いですね。

歯肉炎対策でも人気が高く、歯ぐきの腫れを感じて使用を開始したら改善されたというレビューもありますが、味に不満を感じている人が多いのが残念。歯磨き粉の味を気にならない人であれば問題なく使える、歯肉炎に効果的な歯磨き粉です。

8位:ディープクリーン 薬用ハミガキ ひきしめ塩

花王 ディープクリーン 薬用ハミガキ ひきしめ塩
708円(税込)

・成分:塩化ナトリウム・モノフルオロリン酸ナトリウム・酢酸DL-α-トコフェロール・β-グリチルレチン酸・塩化セチルピリジニウムほか
・研磨剤:あり
・味:しょっぱさ控えめ 緑茶ミントの香味

歯ぐきをキュッとひきしめ、茶カテキン入りで口臭対策も行える!

殺菌成分に加えて大粒の塩が歯ぐきをひきしめ、健やかに保ちます。使用感としては泡立ちがなく、塩の荒さを強く感じるテクスチャー。泡立ちの良すぎる歯磨き粉だと磨いた気にはなりますが、実際は磨き残しが多いことも問題ですよね。その点でこちらのディープクリーンはしっかり磨けるところがGOOD!

泡立ちの良い歯磨き粉が好きな人は通常のブラッシングの後に、歯ぐきのマッサージ用として仕上げに使う方法もおすすめです。塩の引き締まる感じは病みつきになりますよ。

7位:GUM デンタルペーストAC

・成分:濃グリセリン・ソルビット・PG・無水ケイ酸・キサンタンガム・アルギン酸Na・アルキルグリコジト・POE硬化ヒマシ油・酸化Ti・フッ素ほか
・研磨剤:なし
・味:-

歯ぐきの血行をよくするビタミンEn配合で、健康的な歯ぐきに!

ビタミンEnで血行を良くし、ビタミンB6が歯ぐきを活性化してくれます。ガムシリーズの中でも「AC」は歯ぐきの健康に特化した歯磨き粉で、炎症を抑えて腫れや出血を未然に防いでくれるんですよ!

フレーバーにハーブが若干感じられるので、苦手な人には多少気になるかもしれません。しかし慣れると気にならないという意見も多くあります。使い続けていくうちに歯ぐきがピンク色になったというレビューもあるので、効果に期待したいですね!

6位:プロポリス健康増進会 プロポデンタルEX

プロポリス健康増進会 プロポデンタルEX
1,620円(税込)

・成分:IPMP・ビタミンE・プロポリスエキス・カンゾウエキスほか
・研磨剤:なし
・味:-

高濃度プロポリスが細菌の繁殖を抑えて歯ぐきを引き締める

ミツバチの作り出すプロポリスには歯肉炎に有効な成分であるフラボノイド・アミノ酸・ビタミン・ミネラルをたっぷり含んでいます。中でもブラジル産プロポリスは薬用ユーカリやアレクリンを含み、最高品質です。そんなブラジル産プロポリスを使った歯磨き粉プロポデンタルEXは、ブヨブヨになってしまった歯ぐきにも効果があったとレビューで言われています!

価格は歯磨き粉としては高めですが…歯ぐきがすでに弱っている人からの支持が高く、本気で歯肉炎対策を行いたい人におすすめです。

5位:アパガード アパデント トータルケア

・成分:薬用ハイドロキシアパタイト・マクロゴール400(ポリエチレングリコール)・ポリビニルピロリドン・ε-アミノカプロン酸・β-グリチルレチン酸・塩化セチルピリジニウム・無水ケイ酸ほか
・研磨剤:-
・味:マイルドミントの香り

宇宙技術から開発されたアパデントは歯肉炎にも効果アリ!

宇宙に行った宇宙飛行士の歯がもろくなってしまうことから研究が始まり、歯を充填するハイドロキシアパタイトを特許化。アパデントトータルケアはそのハイドロキシアパタイトを使うことでしっかりとした虫歯対策が行える歯磨き粉ですが、殺菌成分や歯ぐきの出血を止める止血成分、炎症を抑える抗炎症成分も含まれているんです!

歯ぐきのエイジングケアもできるので人気があります。ホワイトニング効果もあると言われていますが、ホワイトニングについてはそこまで期待はできないかもしれません。ただ、磨いた感じの気持ち良さはかなり評価高めです。

4位:ライオン DENT.システマ SP-Tジェル

ライオン DENT. システマ SP-T ジェル
1,484円(税込)

・成分:フッ化ナトリウム・イソプロピルメチルフェノール・酢酸トコフェロール・イプシロン-アミノカプロン酸ほか
・研磨剤:なし
・味:-

粘度高めのジェルだからしっかり密着!取りにくいバイオフィルムもしっかり除去

細菌同士が結びついてネバネバな状態を作り出すバイオフィルム。そんなバイオフィルムにも浸透し、殺菌してくれる歯磨き粉です。炎症誘発を起こすキニンを押さえ込み、歯ぐきの炎症を防ぎます。フッ素入りで虫歯も寄せ付けないところが良いですね!

ちょっと辛めの、クール感強めのミントなので口の中もさっぱりします。決して安くはない価格ですが…歯科医院でもシステマSP-Tジェルを勧められて購入したユーザーもいるので、信頼できる歯磨き粉なのは間違いありませんね。

3位:佐藤製薬 第3医薬品 アセス

・成分:カミツレチンキ・ラタニアチンキ・ミルラチンキほか
・研磨剤:なし
・味:爽快なミント味

歯肉炎の臨床試験でも効果がめざましい歯磨き粉!

アセスは口内細菌の殺菌剤として、カミツレ・ラタニア・ミルラといった天然ハーブを日本で初めて使用した歯磨き粉です。歯磨き粉の成分にこだわるユーザーに特に好まれ、リピートする人も多くいます。口の中のネバネバ感が使用してすぐになくなることを実感できるので、歯肉炎予防に効果的です!

医薬品だけあって、歯ぐきの腫れに対しても即効性を感じたというレビューがありました。歯ぐきケアとして長く愛されている歯磨き粉、ぜひ使ってみてくださいね!

2位:ウエルテック コンクール ジェルコートF

ウエルテック コンクール ジェルコートF
855円(税込)

・成分:フッ化ナトリウム・塩酸クロルヘキシジン・β―グリチルレチン酸・ポリリン酸ナトリウム(キレート剤)・キシリトールほか
・研磨剤:なし
・味:-

歯や歯ぐきにダメージを与えることなく、思う存分ブラッシングできる!

研磨剤や発泡剤が使われていない、ジェル状の歯磨き粉です。これなら歯磨きだけでなく歯ぐきマッサージもかねて、じっくりブラッシングができますね。高い殺菌力で知名度があり、歯肉炎だけでなく虫歯予防でも実力を発揮しています!

歯科医院で勧められることも多く、通常の歯磨きの後にコーティング的に使っているユーザーも多いようです。ジェルタイプでしっかり磨きこみたい人にはこちらがおすすめ!ホワイトニング効果などがないので、歯の黄ばみが気になるというレビューもありますが、歯肉炎対策では申し分のない歯磨き粉ですよ。

1位:ウエルテック コンクール リペリオ

ウエルテック コンクール リペリオ
1,130円(税込)

・成分:濃グリセリン・加水分解コンキオリン液・トウキエキス・カモミラエキス・ヒアルロン酸ナトリウム・加水分解卵殻膜・塩化カルシウム・塩化マグネシウム・塩化亜鉛ほか
・研磨剤:なし
・味:-

歯ぐきケア歯磨き粉といえばこれ!

塩化ナトリウムがキリッと歯ぐきをひきしめ、ビタミンEが歯ぐきの血流を良くしてくれます。健康的な歯ぐきをベースから作り上げてくれるのが良いですね!発泡剤を使っていないので歯ぐきにしっかりアプローチしやすいです。

塩の感じられるミント味がユーザーに好評で、嫌味のない塩味が口の中をさっぱりと引き締めてくれます。レビューの中には、指に取って歯ぐきマッサージを行っているという人も。歯周病手前の歯肉炎レベルであればこの歯磨き粉だけで症状が緩和されるという意見もあるので、歯肉炎で困っているならマストバイですよ!

歯肉炎にならないためにしっかり歯垢を落とそう!

歯肉炎の原因の一つに、口腔内のプラーク(歯垢)があります。せっかく歯肉炎対策におすすめの歯磨き粉を使って症状が緩和されても、プラークが溜まっていると再発してしまうかもしれません。歯ブラシでのケアに加え、デンタルフロスで歯と歯の隙間もキレイに保ち、歯肉炎にならない口腔内環境をつくりましょう!以下でおすすめのデンタルフロスを紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

まとめ

歯肉炎は、歯周病の1歩手前の状態です。少しでも歯肉炎の疑いがある時には、まず歯肉炎に効果の高い歯磨き粉を使って様子を見てみるのはいかがでしょうか?今回ご紹介した10種類の歯磨き粉を使ってみて様子を見て見るだけでも、歯ぐきに変化があるかもしれません。

もちろん症状が引かない場合はきちんと歯科医院に行き、適切な治療を受ける必要がありますが、歯科医院に行くとしても今後の歯肉炎防止のために使って損はない歯磨き粉ばかりです。これからは歯だけでなく、歯ぐきの健康にも注目してみてくださいね!

関連記事

人気の記事