1. TOP
  2. >
  3. クレジットカード・ローン
  4. >
  5. ローン
  6. >
  7. 【徹底比較】即日融資カードローンのおすすめ人気ランキング6選【土日もOK!】
【徹底比較】即日融資カードローンのおすすめ人気ランキング6選【土日もOK!】

【徹底比較】即日融資カードローンのおすすめ人気ランキング6選【土日もOK!】

今すぐお金を借りたい人にぜひ検討してほしい即日融資カードローン。中でも消費者金融のカードローンは、申込みから最短1時間で、自宅で簡単にお金を借りることができます。学生やフリーターの方でもお金を借りることができるので、もしものときに重宝しますよね。しかし、「消費者金融はなんとなく不安」「しっかり返済していけるか心配」と思う人もいるのではないでしょうか?


今回は、人気の即日融資カードローンを徹底的に調査して、最もおすすめな即日融資カードローンを決定したいと思います!


お金のプロであるFP4人に監修を依頼し、mybest編集部で以下4点の比較・検証をしました。

  1. 融資スピード
  2. 金利
  3. 返済の利便性
  4. バレないか

果たして今すぐお金を借りるのに最もおすすめの即日融資カードローンはどれなのでしょうか?後からお金を借りたことを後悔しないように、安心してお金を借りられて、お得に返済していけるものを選んでくださいね。

  • 2020年09月03日更新
  • 5,974 views

検証のポイント

人気の即日融資カードローン6サービスをすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 融資スピード

    検証① 融資スピード

    まずは、本当に即日融資できるのか比較します。大きなポイントは次の3点です。メーカーが公表している最短審査時間Web申込み可能か無人契約機に行く必要はあるか審査時間は、人・時間・場所によって大きく変化するので、最短審査時間に統一して評価しました。また、借入の方法は無人契約機に行くまでの時間が人によって分かれるため、口座振込やカードレスで借入する場合を想定して評価しています。なお、即日融資に対応する審査受付時間については、今見ている時間に左右されるので、参考情報としてランキングに記載していますので、今記事を見ている時間にあわせてチェックしてみてください。

  • 金利

    検証② 金利

    いざ当日に借りることができても、金利が高いものは後悔することになります。そこで「金利」の検証を行いました。金利は一番高い金利である「上限金利」を最重要視し、無利息期間も評価に加えています。なお、利息制限法によって100万円以上借りる場合は、金利は年15%までと定められています。今回は〜50万円を借りるケースを想定して検証を行っているので、評価の対象とはしていません。

  • 返済の利便性

    検証③ 返済の利便性

    最後にお得に便利に返済していけるか比較していきます。Web返済・コンビニ返済に対応しているかに加え、Web返済の場合は手数料がかからないか、コンビニ返済の場合は手数料無料のATMが多いかも評価しています。なお、口座振替に関しては、都合の良い引き落とし日が人によって条件が異なるので、評価外とし、ランキング記載しています。

  • バレないか

    検証④ バレないか

    最後に、お金を借りてることがバレないか検証しました。郵送物がないか、在籍確認は配慮されているか、カードのデザインはバレにくいか・カードレスに借り入れることができるかの3項目を検証しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ファイナンシャルプランナーなどお金の専門家が全面協力!

    ファイナンシャルプランナーなどお金の専門家が全面協力!

    今回の比較・検証では、お金の専門家であるFPの阿久津和宏さん・恩田雅之さん・内山貴博さん・飯田道子さんの協力を得ました。


    <写真左上:2級FP技能士 阿久津和宏さん>

    必要なときに・必要なお金を・必要な分だけ残すことをテーマに活動する独立系ファイナンシャルプランナー。小冊子の発行や公演をはじめ、さまざまなメディアの監修も手掛ける。

    <写真右上:CFP認定者 恩田雅之さん>

    CFP®資格を保有する、札幌のオンダFP事務所代表。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

    <写真左下:CFP認定者・1級FP技能士 内山貴博さん>

    内山FP総合事務所株式会社代表取締役。FP相談業務を中心に、セミナー・金融機関研修・FPや証券外務員の資格対策講座などを担当。


    <写真右下:CFP認定者 飯田道子さん>

    プロフェッショナルFPの証であるCFP®資格保有する、どの金融機関にも属さない独立系FP。各種相談業務やセミナー講師、執筆活動など、幅広く活動。

    そもそも「即日融資カードローン」とは?

    そもそも「即日融資カードローン」とは?

    今すぐお金を借りたいのであれば、消費者金融のカードローンが候補となります。お金を借りるには消費者金融・銀行のカードローン、クレジットカードの3種類があります。銀行のカードローンは法律で即日融資が禁止されており、クレジットカードのキャッシングは申込時の利便性に欠けます。


    多くの消費者金融は自宅でスマホから簡単に手続きして、コンビニのATMでキャッシングすることが可能です。来店不要で自分の口座に振り込んでもらうこともできるので、クレジットカードや家賃の引き落とし前にも便利。返済の手段も豊富で、返済額を調整することもできるので、しっかり返済計画を立てることができれば、ちゃんと返済することができます。


    消費者金融は不安という方も多いかと思いますが、違法な取り立て・利息の支払いは、2010年に貸金業法で禁止されています。大手の消費者金融を選べば、安心してお金を借りることができますよ。

    即日融資カードローンの選び方

    即日融資カードローンを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 本当に「即日融資」できる融資スピードか

    「最短1時間で融資可能!」とホームページで謳っていても、申込方法やお金を借りる方法によっては、予想以上に時間がかかってしまい、融資が翌日になってしまうことがあります。また、夜間・土日は即日融資できない場合や、借入方法が異なる場合があるので、ご自身のニーズに合わせてチェックしてください。

    Web申込みに対応しているものがおすすめ。提出書類も確認

    Web申込みに対応しているものがおすすめ。提出書類も確認

    Web申込みに対応しているものを選べば、移動中や思い立った時に申込みできて便利です。必要事項もそこまで多くなく、提出する書類も運転免許証のみの場合がほとんど。ただし、運転免許証を持っていない場合や50万円以上の借り入れをする場合、複数書類の提出を求められることもあるので注意しましょう。


    Webで申し込んだ後は審査、カードの発行がありますが、融資方法を銀行口座への振り込み・スマホアプリを使った「カードレス」に指定すれば、自宅から一歩も出ずにお金を借りることが可能です。


    「無人契約機」や店舗に行って申し込むことも可能ですが、待ち時間や移動に時間がかかってしまうこともありますので、Web申込みは検討するに値します。また、カードを受け取る際に来店が必須の場合でも、移動中にWeb申込みをしておくことで、融資スピードを短縮することができます。

    飯田道子
    ファイナンシャル・プランナー
    飯田道子さんのコメント

    即日融資可能なカードローンはいくつかありますが、必要書類が準備できなければ借り入れできません。


    職業や勤務形態によって必要書類が異なりますので、心配な方はコールセンターで事前に確認を!書類を再提出することになっても即日融資を受けるには、できるだけ遅くまで対応してくれる会社が有力候補になります。

    最短審査時間は30分が基本。土日・夜間対応をチェック

    最短審査時間は30分が基本。土日・夜間対応をチェック

    最短審査時間は、30分を目安に選びましょう。あくまで「最短」の時間なので、必ず30分で審査結果が出るわけではありませんが、書類の不備や虚偽の申告がなければ、遅くても1〜2時間で審査結果がでることがほとんどです。


    特に「審査対応時間」には注意。最短30分で融資と言っても、何時に申し込んでも最短30分で融資を受けられるわけではありません。特に、平日20時以降の申し込みは翌日融資という場合もあるので、審査対応時間には注意しておきましょう。


    申し込み事項の記入や審査時間がかかることを考えると、1〜2時間の余裕を見て、自分の状況にあわせて選ぶのがおすすめです。

    借入方法は融資スピードに直結。振込融資・アプリ借入対応が最速だが、振込融資の対応時間には注意

    借入方法は融資スピードに直結。振込融資・アプリ借入対応が最速だが、振込融資の対応時間には注意

    審査に通過したら、早速お金を借りることができます。お金を借りるには、3つの方法があります。


    1. 無人契約機まで行ってカードを発行し、そのカードを使ってコンビニなどのATMで借り入れする
    2. 自分の使っている銀行口座に振込してもらい、キャッシュカードで引き落とす(振り込み融資)
    3. アプリをダウンロードして提携のコンビニATMで借り入れする(カードレス)

    近くに消費者金融の無人契約機がある場合はカードを発行してお金を借りることができますが、無人契約機が遠い場合や、行くのが面倒という方は、振り込み融資かカードレスでの借り入れを検討してください。近くにコンビニなどの提携ATMがあれば、すぐにお金を借りることができるのが魅力です。


    また、銀行口座に振り込んでもらう場合、融資に対応する時間帯が限定されることもあります。中には、即日振り込み融資をする場合は午前中に申し込みを終える必要があるケースや、土日の振り込み融資は行っていないというケースもありますので、振り込み対応時間も合わせてチェックしておきましょう。

    ② 金利は「上限金利」をみて選ぶ

    金利は「上限金利」をみて選ぶ
    出典:jscore.co.jp

    金利は、一番高い金利である上限金利が低いものを選びましょう。金利は3.0〜18.0%のように表示されていますが、基本的には「上限金利」である18.0%が適用されることがほとんどです。


    借りる額が高ければ高いほど、返済期間が長ければ長いほど、数%の金利が大きな差を生むことになります。10万円を金利18%・15%・12%で借り入れ、1年間で返済していく場合をシミュレーションしてみると、約3,400円の差が生まれました。


    • 金利18%…利息総額10,011円
    • 金利15%…利息総額8,304円
    • 金利12%…利息総額6,614円


    また、「無利息期間」に注目して選ぶのもおすすめです。一般的に1〜2ヵ月で設定されており、その期間は利息がかからないので、10万円を金利18%で借りた場合で、約1,480円お得になります。無利息期間中にお金を返すことができれば、金利0円でお金を借りることも可能です。

    恩田雅之
    ファイナンシャル・プランナー
    恩田雅之さんのコメント

    初めての借り入れは、無利息期間を有効に活用しましょう。WEB申し込みによって無利息期間が増えるところもありますので、条件を事前に確認しておくことをおすすめします。

    ③ 返済の利便性で選ぶ

    借りた後に後悔しないように、便利に、お得に返済していけるかもチェックしておきましょう。返済をうっかり忘れてしまうと「遅延損害金」を支払う必要があるので注意してください。また、思い立った時に返済できるような方法が用意されていれば、コツコツ返済していくことが可能です。

    Web返済やコンビニ返済は返済額を調整できる。手数料に注意

    Web返済やコンビニ返済は返済額を調整できる。手数料に注意

    返済方法は、返済額を自由に調整しやすく、利便性が高いWeb返済・コンビニ返済がおすすめです。


    Web返済はATMに行く必要がなく、手数料無料で返済することができます。通勤中や家にいる時に返済できるので、返済を面倒に感じにくいのが魅力です。ほとんどの金融機関が対応しており、申込みも口座番号と通帳の情報を入力するだけと簡単。すべてスマホで完結可能なので、利便性重視の方におすすめです。


    コンビニ・ATM返済は、申込の手続きが不要で、ATMにカードを入れて入金するだけで簡単に返済することが可能。スマホ借入に対応しているものを選べば、スマホから返済することも可能です。


    コンビニ・ATMで返済していく場合は、手数料無料で返済できるATMが多いものを選びましょう。1回あたり100〜200円と一見少額ですが、1年に直すと最大2,400円と高額。可能であれば消費者金融の自社ATMや銀行のATMではなく、コンビニATMの手数料がかからないものがおすすめです。

    阿久津和宏
    ファイナンシャル・プランナー
    阿久津和宏さんのコメント

    返済方法によっては手数料がかさむ可能性もあるため、生活パターンに応じた返済ができるカードローンを選ぶと無駄な出費が減るでしょう。

    口座振替は支払い忘れを防げるが、返済が長期化するのがデメリット

    口座振替は支払い忘れを防げるが、返済が長期化するのがデメリット

    返済忘れが怖い方や、毎月の返済が面倒な方は、口座振替を検討しましょう。しかし、毎月の返済額は「最低額」に限られ、最低額はかなり少額なので、いつまで経っても元本が減らず、返済が長期化してしまう恐れがあります。


    返済の長期化を防止するためには、口座振替に加えて、余裕のある月にはWeb返済・コンビニ返済で追加で返済していくのがおすすめです。また、返済日は各消費者金融で異なりますので、給料日後に設定できるか確認しておきましょう。

    内山貴博
    ファイナンシャル・プランナー
    内山貴博さんのコメント

    月々の最低返済額は、借入額に応じて決定されるケースが一般的です。ただし、最低返済額だけで返済を続けると期間が長くなり、利息負担もかさみます


    よって、借入当初に月々返済できる妥当額(最低返済額+α)を定め、その金額を確実に返すということを意識してください。多過ぎず少なすぎず、無理のない範囲で行ってください。

    ④ 誰にもバレたくないなら在籍確認・郵送物・カードの有無を確認

    誰にもバレたくないなら在籍確認・郵送物・カードの有無を確認

    消費者金融からお金を借りていることがバレたくないのであれば、バレる原因をカバーしてくれるかどうかチェックしておきましょう。消費者金融からお金を借りていることがバレる主な原因は、以下の3つです。


    1. 郵送物
    2. カード
    3. 在籍確認

    家族や友人に、郵送物を見られてバレることがあります。全ての郵送物が届かない「Web完結申込み」を選べば、書類をWebで管理できるのでおすすめです。また、ふとした拍子に財布の中を見られ、カードが見つかることもあります。カードはバレにくいデザインか、カードレス借入に対応しているか確認しておきましょう。


    会社にバレたくない方は、在籍確認の有無をチェック。基本的にはどの消費者金融も在籍確認がありますが、個人名で電話するなど配慮していることが多いです。しかし、職種によっては電話そのものが不自然になることも多いはず。在籍確認を他の書類提出でカバーできるものもあるので、チェックしてみてください。

    人気即日融資カードローン全6サービスを徹底比較!

    即日融資カードローンの検証

    ここからは、ネットでランキング上位の人気即日融資カードローン6社を徹底的に調査し、どれが最もおすすめの即日融資カードローンなのかを検証していきます。


    検証項目は以下の4項目としました。

    検証①:融資スピード

    検証②:金利

    検証③:返済の利便性

    検証④:バレない

    今回検証した商品

    1. J.score|A.Iスコア・レンディング
    2. 新生ファイナンシャル|レイクALSA
    3. SMBCコンシューマー・ファイナンス|プロミス
    4. アコム|アコム
    5. SMBCモビット|SMBCモビット
    6. アイフル|アイフル

    検証① 融資スピード

    融資スピード

    まずは、本当に即日融資できるのか比較します。大きなポイントは次の3点です。


    • メーカーが公表している最短審査時間
    • Web申込み可能か
    • 無人契約機に行く必要はあるか

    審査時間は、人・時間・場所によって大きく変化するので、最短審査時間に統一して評価しました。また、借入の方法は無人契約機に行くまでの時間が人によって分かれるため、口座振込やカードレスで借入する場合を想定して評価しています。


    なお、即日融資に対応する審査受付時間については、今見ている時間に左右されるので、参考情報としてランキングに記載していますので、今記事を見ている時間にあわせてチェックしてみてください。

    【検証結果ハイライト】レイクALSA、プロミス、アイフル、SMBCモビットはアプリですぐに借入できる。22時〜借入するならJ.score一択

    【検証結果ハイライト】レイクALSA、プロミス、アイフル、SMBCモビットはアプリですぐに借入できる。22時〜借入するならJ.score一択

    最短審査時間は30分・Web申込みは全社対応と横並びでしたが、申込方法には大きな差が出ました。レイクALSA・プロミス・アイフルは、アプリを使って、セブンイレブンのATMで借入が可能なので、無人契約機に行く必要がありません。


    振込融資の対応時間は各社大きく異なりました。アイフルに関しては、土日に即日の振込融資を行っていません。また、21時まで振込融資可能と謳っていても、自分が持っている口座は15時までと制限されることも。大手の銀行であればほぼ対応していますが、自分が持っている口座の振り込み対応時間を各社HPで確認しておきましょう。


    評価外ではありますが、即日融資に対応する「審査対応時間」にも大きな差が出ました。中でもJ.scoreは、原則平日の22時55分までに申し込めば、振込での即日融資が可能なので、まずチェックしておいて損はありません。

    検証② 金利

    金利

    いざ当日に借りることができても、金利が高いものは後悔することになります。そこで「金利」の検証を行いました。


    金利は一番高い金利である「上限金利」を最重要視し、無利息期間も評価に加えています。なお、利息制限法によって100万円以上借りる場合は、金利は年15%までと定められています。今回は〜50万円を借りるケースを想定して検証を行っているので、評価の対象とはしていません。

    【検証結果ハイライト】J.scoreは銀行カードローンより低い12%で圧倒的。無利息期間で選ぶならレイクALSAを

    【検証結果ハイライト】J.scoreは銀行カードローンより低い12%で圧倒的。無利息期間で選ぶならレイクALSAを

    各消費者金融の上限金利が18%で横並びする中、J.scoreの上限金利は12%と別格。銀行のカードローンが平均14%程度ということを考えると、即日融資に対応しながら銀行より金利が低いという驚きの結果になりました。無利息期間も30日間付いているので、金利重視の方は選んで間違いありません。


    無利息期間に関しては、各社とも30日で設定している中、レイクALSAは60日間無利息で借りることが可能です。10万円を金利18%で借りて1年間で返済していく場合、約2,800円お得になります。また、レイクALSAは5万円までなら無利息期間が180日間に延長されるので、クレジットカードの分割払いよりお得です。


    注意点として、SMBCモビットだけは無利息期間がありません。金利も18%と低いわけではないので、お得感で選びたい方にはおすすめできません。

    検証③ 返済の利便性

    返済の利便性

    最後にお得に便利に返済していけるか比較していきます。


    Web返済・コンビニ返済に対応しているかに加え、Web返済の場合は手数料がかからないか、コンビニ返済の場合は手数料無料のATMが多いかも評価しています。なお、口座振替に関しては、都合の良い引き落とし日が人によって条件が異なるので、評価外とし、ランキング記載しています。

    【検証結果ハイライト】アイフル・SMBCモビットはWeb返済不可・J.scoreはコンビニ返済不可。手数料に要注意

    【検証結果ハイライト】アイフル・SMBCモビットはWeb返済不可・J.scoreはコンビニ返済不可。手数料に要注意

    返済の利便性で選ぶなら、レイクALSAがおすすめ。手数料無料でWeb返済に対応しているだけでなく、セブン・ローソン・EnetのATMなどから返済する場合、手数料がかかりません。返済方法をまだ決めかねている方は、レイクALSAを選ぶと後悔しないでしょう。


    アイフル・SMBCモビットはWeb返済に対応していないので、コンビニATM返済か口座振替で返済していくことが必須になります。アイフルで手数料無料で返済するためには、口座振替かアイフルのATMを使うしかないので、近くにアイフルのATMがない方は、ずっと手数料を払い続けることになってしまいます。


    また、J.scoreは口座振替・Web返済の手数料は無料ですが、コンビニから返済することができません。インターネットバンキングに登録するのは面倒だから、コンビニやATMで返済していきたいという方には不向きです。

    検証④ バレないか

    バレないか

    最後に、お金を借りてることがバレないか検証しました。郵送物がないか、在籍確認は配慮されているか、カードのデザインはバレにくいか・カードレスに借り入れることができるかの3項目を検証しました。

    【検証結果ハイライト】SMBCモビットは在籍確認・郵送物・カード無しで申込可能

    【検証結果ハイライト】SMBCモビットは在籍確認・郵送物・カード無しで申込可能

    SMBCモビットは、今回検証した消費者金融の中で唯一、在籍確認の電話連絡をしない申込方法が用意されています。郵送物もなく、カードレスで借入れることができるので、絶対にバレたくない方におすすめです。他の消費者金融も、ほとんどが郵送物・カードレスに対応していますが、在籍確認に関してはほぼ必須のようです。


    ただし、在籍確認をする場合は、個人名でかけることがほとんど。会社で電話があったことを聞かれても、「クレジットカード会社から…」とごまかすことができます。Web申込後にフリーコールに電話をすれば、在籍確認の内容を変更してくれる場合もあるので、気になる方は相談してみましょう。

    No.1

    J.scoreA.Iスコア・レンディング

    総合評価

    4.31
    • 金利: 4.3
    • 融資スピード: 5.0
    • 返済の利便性: 3.1
    • バレない: 4.0

    銀行のカードローンより低金利。唯一22時以降の即日融資に対応

    1位に輝いたJ.scoreは、銀行のカードローンより低い12%という圧倒的な低金利が魅力。知名度は劣りますが、みずほ銀行とSoftBankの共同出資によって設立された、比較的新しい消費者金融です。


    J.scoreの大きな特徴は申し込み・審査方法です。チャット形式で収入・個人情報・性格診断などの質問に答えていくことで、信用スコアを測定し、そのスコアに応じて審査・金利を優遇します。


    土日・夜間の借入対応時間も長く、平日は22時55分まで審査に対応しており、かつ22時55分までの申し込み完了で原則即日融資が可能です。ただし、融資方法は振り込み融資に限定され、返済方法は口座振替・Web返済の2択になるので、注意してください。

    無利息期間付き30日間無利息
    最短審査時間30分
    初回融資方法振込融資
    Web返済可
    Web完結可
    Web返済手数料無料
    コンビニ返済可能な主な銀行-
    他行からの口座振替・自動入金有無可能
    口座振替日毎月26日
    審査対応時間平日:8時〜22時55分/土曜日:8時〜21時/日曜日:9時〜16時40分
    即日振り込み対応時間平日:8時〜22時55分/土曜日:8時〜21時/日曜日:9時〜18時50分
    金利年0.8%~12.0%
    在籍確認なし-
    郵送物なし
    カードレス
    No.2

    新生ファイナンシャルレイクALSA

    総合評価

    4.30
    • 金利: 3.0
    • 融資スピード: 5.0
    • 返済の利便性: 5.0
    • バレない: 4.0

    最大3カ月無利息が特徴。コンビニATM手数料無料が嬉しい

    レイクALSAは5万円までの借入で60日間、5万円以上の借入で180日間の無利息期間が付きます。無利息期間のうちに返済すれば、利息は一切かかりません。10万円程度を1年以内に返済していくプランであれば、銀行のカードローンよりお得に返済することも可能です。


    また、豊富な返済方法も大きな魅力。Web返済はもちろん、セブン・ローソンをはじめとしたコンビニATMから手数料無料で返済していくことが可能です。


    日曜日以外は夜21時50分まで審査に対応しており、融資方法も多彩。カードレスにも対応していますが、カードが欲しい方は無人契約機の数が少ないため、少々面倒かもしれません。Web返済はなんとなく面倒くさそう…という方は、検討してみましょう。

    無利息期間付き60日間無利息・5万円までなら180日間無利息
    最短審査時間30分
    初回融資方法スマホ借入,振込融資,カード借入
    Web返済可
    Web完結可
    Web返済手数料無料
    コンビニ返済可能な主な銀行新生銀行,セブン銀行,ローソン銀行,Enet,イオン銀行,三井住友銀行,三菱UFJ銀行
    他行からの口座振替・自動入金有無可能
    口座振替日毎月14日、27日から選択
    審査対応時間平日:8時10分〜21時50分/日曜日:8時10分〜19時
    即日振り込み対応時間平日:8時10分〜21時50分/日曜日:8時10分〜19時
    金利年4.5%〜18.0%
    在籍確認なし-
    郵送物なし
    カードレス
    No.3

    SMBCコンシューマー・ファイナンスプロミス

    総合評価

    3.97
    • 金利: 2.3
    • 融資スピード: 5.0
    • 返済の利便性: 4.4
    • バレない: 4.0

    概ね平均以上の評価。日曜の夜に振込融資してほしいならコレ

    消費者金融の最大手であるプロミス。金利は17.8%と今まで出てきた消費者金融の中では0.2%低いですが、利息総額に大きな差は出ないため、18%と同じ評価にしています。無利息期間もしっかり30日間ついていますよ。


    プロミスの魅力は、土日・夜間のの審査対応時間が長いこと。基本的にはどの消費者金融も日曜日は対応していないか、遅くとも19時頃まで対応という状況の中、プロミスは21時まで振り込み融資に対応しています


    Web返済に対応していることに加え、いくつかのコンビニATMと三菱UFJ銀行のATMで、手数料無料で返済することができるので、返済の利便性も平均以上です。

    無利息期間付き30日間無利息
    最短審査時間30分
    初回融資方法スマホ借入,振込融資,カード借入
    Web返済可
    Web完結可
    Web返済手数料無料
    コンビニ返済可能な主な銀行プロミスATM,三菱UFJ銀行,Famiポート,Loopi,セブン銀行,ローソン銀行,Enet,ゆうちょ銀行,イオン銀行,三井住友銀行
    他行からの口座振替・自動入金有無可能
    口座振替日毎月5日(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座からであれば毎月5日、15日、25日、末日から選択)
    審査対応時間平日・土日:9時〜21時
    即日振り込み対応時間平日・土日:9時〜21時
    金利年4.5%~年17.8%
    在籍確認なし-
    郵送物なし
    カードレス
    No.4

    アコムアコム

    総合評価

    3.70
    • 金利: 2.3
    • 融資スピード: 5.0
    • 返済の利便性: 3.8
    • バレない: 2.5

    持っている口座によって評価が分かれる。無人契約機が近くにあるなら検討の価値

    消費者金融大手であるアコムは4位に留まりました。評価外としていますが、無人契約機は1000台と消費者金融の中では最も多いので、各都道府県の主要都市には必ずと行っていいほど無人契約機があります。


    金利・無利息期間は平均的なので、無人契約機が近くにあり、一刻でも早く借りたい方は検討してみてください。ATM返済は不便ですが、Web返済でも手数料無料なので、便利に返済してくことができます。


    また、振込融資を受けたい方は、自分の持っている口座と今何時かは要確認。楽天・三菱UFJ・ゆうちょ・三井住友・みずほ以外の銀行は、平日17時30分(銀行によっては14時30分)までの申込みが必須です。また、先述の5行以外は土日の即日振込融資に非対応なので、注意してください。

    無利息期間付き30日間無利息
    最短審査時間30分
    初回融資方法振込融資,カード借入
    Web返済可
    Web完結可
    Web返済手数料無料
    コンビニ返済可能な主な銀行セブン銀行,ローソン銀行,Enet,イオン銀行,三菱UFJ銀行
    他行からの口座振替・自動入金有無可能
    口座振替日毎月6日
    審査対応時間平日・土日:9〜21時
    即日振り込み対応時間平日:9時〜21時(楽天・三菱UFJ・ゆうちょ・三井住友・みずほ銀行以外は14時29分〜17時30分)土日:9時〜21時(楽天銀行の場合のみ。三菱UFJ・ゆうちょ・三井住友・みずほ銀行は19時59分まで。上記以外は土日非対応)
    金利年3.0%~年18.0%
    在籍確認なし-
    郵送物なし
    カードレス-
    No.5

    SMBCモビットSMBCモビット

    総合評価

    3.55
    • 金利: 1.7
    • 融資スピード: 5.0
    • 返済の利便性: 2.7
    • バレない: 5.0

    誰にもバレたくない方であれば…しかし金利や返済面に難も

    在籍確認・郵送物・カードが不要なSMBCモビットは、誰にもお金を借りていることがバレたくない方には候補です


    即日融資に対応する時間も比較的長く、主要な金融機関からの振込融資であれば、土日でも比較的遅くまで即日融資に対応しています。


    しかし、今回紹介する中では唯一無利息期間がないことに加え、金利も18%と消費者金融の中では平均的。Web返済にも対応しておらず、ATM返済も手数料がかかることが多いので、お得に返済していきたい方には不向きです。

    無利息期間付き-
    最短審査時間30分
    初回融資方法スマホ借入,振込融資,カード借入
    Web返済可-
    Web完結可
    Web返済手数料-
    コンビニ返済可能な主な銀行三井住友銀行,セブン銀行,ローソン銀行,Famiポート,Loopi,イオン銀行,三菱UFJ銀行,ゆうちょ銀行,プロミスATM
    他行からの口座振替・自動入金有無三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座からのみ返済可能
    口座振替日毎月5日、15日、25日、末日から選択
    審査対応時間平日・土日:9〜21時
    即日振り込み対応時間平日:9〜21時/土曜日9〜21時/日曜日:9〜18時50分
    金利年3.0%~年18.0%
    在籍確認なし
    郵送物なし
    カードレス
    No.6

    アイフルアイフル

    総合評価

    3.51
    • 金利: 2.3
    • 融資スピード: 5.0
    • 返済の利便性: 2.1
    • バレない: 4.0

    土日振込融資に唯一非対応。他も全体的に平均以下

    消費者金融大手のアイフルは、全体的に平均以下の評価でした。18%の金利・30日間の無利息期間という点は平均点ですが、Web返済に対応しておらず、都度ATMで返済していく必要があります。また、ATM手数料もアイフルの提携ATMのみ無料と、返済しにくいのが難点


    特に振込融資を考えている方は、対応時間の短さに注意。平日は14時10分までしか振込に対応していないので、午前中には申し込みを終えないといけません。土日は即日の振込融資に対応していないので、その点にも注意です。

    無利息期間付き30日間無利息
    最短審査時間30分
    初回融資方法スマホ借入,振込融資,カード借入
    Web返済可-
    Web完結可
    Web返済手数料-
    コンビニ返済可能な主な銀行セブン銀行,ローソン銀行,Enet,イオン銀行,三菱UFJ銀行,Famiポート,Loopi
    他行からの口座振替・自動入金有無可能
    口座振替日毎月3日・26日・27日・28日から選択
    審査対応時間平日・土日:9時〜21時
    即日振り込み対応時間平日:8時〜14時10分/土日:非対応
    金利年3.0%~年18.0%
    在籍確認なし-
    郵送物なし
    カードレス

    人気即日融資カードローンの検証結果比較表

    申し込む前に・審査に落ちてしまった時に確認するポイント

    申し込む前に・審査に落ちてしまった時に確認するポイント

    消費者金融の審査は緩いといわれていますが、決して誰でも借りることができるわけではありません。今日絶対にお金を借りたいのであれば、申し込んだ後に、落ちてしまったときのことも検討しておきましょう。

    安定した収入がない専業主婦は銀行系を

    安定した収入がない専業主婦は銀行系を

    誰でも借りれるイメージがある消費者金融ですが、本人に収入がない専業主婦は、消費者金融からお金を借りることができません。夫に相談して申し込んでもらうことも可能ですが、銀行系のカードローンであれば、夫に内緒でお金を借りることも可能です。


    ただし、融資スピードは消費者金融が即日なのに対し、銀行は早くとも翌日、平均して1週間ほどかかることがほとんど。以下の記事で詳しく紹介しているので、専業主婦の方は参考にしてみてください。

    ブラックの方は質屋を検討。闇金から借りるのは絶対NG

    支払いの遅延などは多めに見られることもあるようですが、自己破産したことがある方や、他社から多額の借入をしている場合は、審査に通らないことがほとんど。また、消費者金融は貸金業法によって定められた総量規制によって、年収の3分の1までしか貸付を行うことができませんので、他社借入額が年収の3分の1を超えていないか注意しましょう。


    カードローンの審査に落ちたとき、自分がブラックかも…という心当たりがある方は、闇金に手を出すのではなく、質屋を検討しましょう。質屋は、担保となるものの価値に応じて、お金を貸してくれるお店のことです。「大黒屋」を始めとした大手チェーンから、中小の小さなお店まで、さまざまな質屋があります。


    ただし、ブランドのバッグや腕時計、電化製品などのある程度の価値があるものを持っていかないと、お金を貸してくれません。また、利息返済期間は3か月と短く、金利も1か月あたり9%にもなる月利制が採用されていることがほとんど。返済できない場合は、預けた商品が売却されてしまうので、あくまで最後の手段と思っておきましょう。

    まとめ

    今回は6社の即日融資カードローンを徹底的に調査し、比較検証しました!


    即日融資可能!最短1時間融資!と謳っていても、夜間の借入は不可能であったり、無人契約機に行く必要があったりと、大きな差があることが分かりました。また、即日融資可能で気軽にお金を借りることができても、返済できないケースは最悪です。金利や返済の利便性にも注意して選ぶようにしてください。


    検証/文:伊藤健介、写真:稲垣佑季、佐々木歩

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す