• F279d353ad4fa9f29ef0f734d6890bb10e264295
  • 9cafa7fafb16d9d848b26781dcd89e4b930dd185
  • 42e5249ed20458a8ad48a0a24533d5cdcfedf783
  • 5fefc785ba81e96badba7260a14cc613e8ade11d
  • 630c48f7b45e93a5093b054f3fa82d594b63983c

VAPEのおすすめ人気ランキング14選【2018年最新版】

ニコチンを含まないことで害が少なく、香りや煙を楽しむのに最適なVAPE。JPベポやアスパイア、ジャストフォグなどからたくさんの種類が発売されていますが、スティックタイプやボックスタイプなど形状に違いがある他、アトマイザーやMODの種類も豊富で、これから始めようと思っている人にとっては意外と選ぶのが難しいのではないでしょうか。

そこで今回は、ビギナーから愛用者まで満足できるよう選び方を解説し、それを踏まえて形状別おすすめVAPEランキングをご紹介します。インパクト大の爆煙タイプや、手ごろな価格で手に入るスターターキットなど全14商品が登場。記事後半では番外編としてユニークなVAPEも紹介しますので、ぜひ参考にして、自分好みのものを見つけてくださいね。

最終更新日:2018年01月16日 | 166,156views

VAPEの選び方のポイント

VAPEは商品によって機能が異なるため、自分の使い方に合わせたものを選ぶことが大切です。まずは、VAPEを選ぶときのポイントについて説明していきます。

使い方に合ったタイプを選ぶ

VAPEには大きく分けて2つの形状があります。それぞれの特徴を理解して、自分にとって適した方を選びましょう。

スティックタイプ:シンプル操作でビギナーにぴったり

スティックタイプは携帯性に優れ、使い方もいたってシンプルなことが特徴です。難しい操作は不要ですからビギナーにも最適で、手に入れやすい価格帯であることも魅力。リキッドの注入が必要ないカートリッジ式や、コイル交換などのメンテナンスが不要なタイプも多く、手軽に始めたい人にうってつけと言えるでしょう。

本体や充電器、リキッドが一式セットになっているスターターキットも種類豊富に発売されているので、初めてVAPEを手にする人はキットで購入するのがおすすめです。

ボックスタイプ:拡張性が高くマニアックな使い方も可能

ボックスタイプは拡張性の高さから、マニアの間で人気のタイプ。スティックタイプにはあまり搭載されていない可変電圧や温度調節機能などを持っており、パーツを交換して自分好みの味わいに調整するのに適します。

ただVAPEに詳しく使い慣れている人向けとなっているので、ビギナーには扱いが難しいかもしれません。機能性の高さから、価格もスティックタイプよりも高価になっています。

リキッド残量の分かりやすさと注入しやすさをチェック

スティックタイプ・ボックスタイプのどちらにも言えることなのですが、VAPEはリキッドを注入する必要があるので残量に気を付けなければなりません。リキッド残量が一目でわかるもの、かつ注入口が広いものならばこぼす心配もなく注入が楽になります。

なおボックスタイプでは空焚きを防ぐ機能が付いているものもありますが、安価なスティックタイプではこうした機能がなく、うっかりリキッドが無くなった状態で使用するとコイルなどが破損してしまいますので注意しましょう。

バッテリーのスペックに注目

VAPEの扱いやすさは、バッテリーのスペックで確認することができます。以下のポイントを参考にして、使いやすいかどうかを見極めましょう。

容量は2000mAh、出力は20Wを目安に

VAPEのバッテリーをチェックして、使いやすいかどうかも確認しておきましょう。バッテリー容量はおよそ2000mAhほどあれば1日もつので、使用頻度の高い人はこのくらいを目安にしてみてください。出力の大きさを示すW数が大きいものほど煙の量が多くなるので、煙が多い方が好みならば20Wくらいはあった方が良いでしょう。

またバッテリーのタイプは内蔵型と非内蔵型に分けられます。内蔵型は電池切れになってしまうと充電する必要がありますが、非内蔵型は電池交換で対処できます。自分にとってどちらの方が使いやすいかで選んでみてください。

初心者は安全に使えるテクニカルMODがおすすめ

バッテリーのことをMODと呼びますが、本体と一体型でなくパーツごとに組み上げて使うVAPEの場合はテクニカルMODを選ぶのがおすすめ。テクニカルMODは通電時にショートするのを防ぐために安全装置を搭載したもので、知識の少ない初心者にもぴったりです。将来的にパーツ交換も視野に入れているのならば、テクニカルMODで感覚を掴んでおくといいでしょう。

一方でメカニカルMODと呼ばれるバッテリーはVAPEの分解や組み上げを経験して慣れている上級者向けであり、安全装置は搭載されていません。知識のある人でなければ安全に使いこなせませんので、初心者は避けたほうが無難です。

優先したいポイントに合わせて選ぶ

香りと煙を楽しむことこそVAPEの醍醐味ですが、どちらを優先したいかで選ぶポイントも異なります。メインに楽しみたいポイントに合わせて選んでみましょう。

煙を楽しむのなら「爆煙」タイプが最適

煙の量を通常よりも多く出せるVAPEは爆煙タイプと呼ばれ、煙メインで楽しみたい人に好まれています。商品に「爆煙」と記載されているものならば間違いありませんが、パーツごとに組み上げるタイプでは出力W数を上げることでも同じことが可能。大量の煙を希望する人は、バッテリースペックを確認して30Wクラスのものを選んでみてください。

また中には、煙の量を自分好みに調節することのできるエアフロ―が搭載されているものもありますよ。

好みの香りから選ぶ。禁煙目的ならメンソールがおすすめ

VAPEに欠かせないリキッドはバラエティに富んだものがたくさん発売されています。特に女性からは柑橘系や甘いフレーバーのものが好まれており、フルーツ・コーヒー・ミントなど自分好みのものを見つけるのも楽しみ方の1つになっています。

喫煙を経験したことがない人には甘いフレーバーが好まれますが、禁煙目的でVAPEに移行するという人には物足りなさの方が強いかもしれません。禁煙目的の人は紙巻きたばこに近いフレーバーであるメンソールを選んでおくのがおすすめです。

ただ柑橘系やメンソール系を選ぶ場合、VAPEリキッドタンクの材質がガラスのものを選ぶようにしてください。プラスチックのものは割れてしまう危険性がありますから注意しましょう。

PSEマークのあるものが理想的

VAPEには海外製品も多数ありますが、安全に使うためには日本で生産や品質管理が行われ、なおかつPSEマークを取得済みのものを選べると理想的です。

海外製品は製造工程でニコチンが含まれることもあるので、本来VAPEに含まれない成分が検出されることもあります。個人輸入した商品では安全性が不確かなものも多いですから、信頼できる店舗から購入するようにしましょう。

【スティックタイプ】VAPEのおすすめ人気ランキング7選

ここからはおすすめのVAPEを形状別にランキング形式でご紹介していきます。まずは初心者におすすめのスティックタイプから。続いてボックスタイプも登場しますので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

【PR】一度の充電で約450回も吸引可能!使い方カンタン♪スタイリッシュなボディでファッション性も◎の「SMOOTH VIP」がおすすめ

Loading
出典:px.a8.net
SMOOTH VIP WEB限定スターターセット

2,950円 (税込)

最近よく聞くVAPE。色々種類があるみたいだけど、どれが良いのか分からない…とお悩みの方にご紹介したいのが、スタイリッシュな見た目が嬉しい「SMOOTH VIP」です。

VAPEだから、もちろんニコチン・タール・副流煙ゼロ!吸いたい時に我慢する必要がないんです。その中でも「SMOOTH VIP」は見た目がとってもスタイリッシュ♪あのクレイジーケンバンドの横山剣さんもおすすめしています!

充電式タイプだからわざわざ乾電池を購入する必要なし。一度の充電で約450回も吸引可能なので、外出時でも安心です♪

吸い心地も口コミ等で好評価!さらに、WEB限定のスターターセットが超絶お得!

Loading

出典:px.a8.net

「煙の量、吸い心地が申し分ない」「蒸気量は多く、吸った気になれる」など口コミ等でも好評価を得ている「SMOOTH VIP」ですが、なんとWEB限定スターターセットがとってもお得!

通常のスターターキットにアトマイザー1本・7種類の中から好みのフレーバーリキッドがついて、2,950円で購入可能♪定価の30%オフでゲットできちゃうんです。

ぜひこの機会に、「SMOOTH VIP」お試しくださいね。

7位:JUSTFOG フォグワン スターターキット

JUSTFOG フォグワン スターターキット

3,657円 (税込)

詳細情報
・サイズ:幅20mm×高さ113.5mm
・バッテリー容量:1500mAh(内蔵型)
・セット内容:本体・0.5Ω DLコイル・0.8Ω MTLコイル・スペアオーリングセット・ドリップチップ付属・説明書

好みに合わせてコイルを変更できるスターターキット

JUSTFOG フォグワンのスターターキットは、吸い方に合わせてコイルを変更できるように2種類のコイルが付属したキットです。普通のタバコのような感覚で楽しむのなら0.5Ωコイル、もっと煙を楽しみたいのなら0.8Ωコイルに変更可能なので、気分や好みに合わせて楽しみ方を変えられます。

リキッドの注入もしやすい構造ですし、クリーニングしやすいようにタンクを取り外せるところも魅力。バッテリー容量も多めなので初心者にとっても扱いやすいVAPEです。

6位:Aspire K4 Quick Starter Kit 爆煙

Aspire K4 Quick Starter Kit 爆煙 スターターキット

4,408円 (税込)

詳細情報
・サイズ:幅22mm×高さ142mm
・バッテリー容量:2200mAh(内蔵型)
・セット内容:本体・Cleitoアトマイザー(0.27Ωコイルセット済み)・スペアコイルユニット・USB充電器・マニュアル(英語他)・シリコンラバーバンド

煙重視の人なら大満足の爆煙タイプ

煙をメインで楽しみたい人には、Aspire K4がおすすめ。本体のサイズが他のVAPEに比べてやや太めですが、このボディだからこその煙の量を実現しています。爆煙ともなるとバッテリー消費が激しくなるものも多いのですが、これは2200mAhの大容量バッテリーを搭載しているので安心です。

口コミでも煙の量に対する満足度は高め。ただ爆煙ゆえにリキッドの消費量も多くなりますので、この点にはご注意くださいね。

5位:FLEVO

FLEVO

1,058円 (税込)

詳細情報
・サイズ:幅130mm×奥行15mm×高さ55mm
・バッテリー容量:140mAh(非内蔵型)
・セット内容:バッテリー×1・フレーバーカートリッジ×2(メンソール・タバコフレーバー)・USBアダプタ

紙巻きたばこに近いサイズ感。手軽なカートリッジ式

スタイリッシュな見た目と手軽さが人気のFLEVOは、DMMが発売したことでも注目を集めたVAPEです。FLEVOの特徴はなんと言ってもその値段と手軽さで、スターターキットながら1000円ほどというお手頃価格で販売されています。

使い方はフレーバーカートリッジを交換するだけの簡単構造。従来のVAPEで手間だったリキッドの補充などをする必要がありません。カートリッジは使い捨てタイプとなっており、1個あたり約240回も吸引できますからコスパの面でも評価できます。まずは気軽に始めてみたいという人は、ぜひお試しください。

4位:KangerTech TOP EVOD

カンガーテック TOP EVOD

1,846円 (税込)

詳細情報
・サイズ:直径14mm×高さ128mm
・バッテリー容量:650mAh(内蔵型)
・セット内容:TOPTANK EVOD×1・EVOD バッテリー×1 ・ 新しいアトマイザー(VOCC-T)×1・510 USB ケーブル×1・取扱説明書(英語)

スタイリッシュでリーズナブル

スタイリッシュなデザインのVAPEを多数ラインナップしている、KangerTech。中でもTOP EVODはリーズナブルで、初めての人も手を出しやすいモデルです。バッテリー容量はやや小さめではありますが、従来のKangerTechの製品と比べると、リキッドの補充などはしやすくなっています。

VAPEがどのようなものか知りたい人、とりあえず見た目がスタイリッシュなものが欲しい、という人にはおすすめ。ただしコイルの焦げやリキッド漏れが良くあるようなので、耐久面は低価格の商品と割り切った方がよさそうです。

3位:Joyetech eGo AIO

Joyetech eGo AIO

2,080円 (税込)

詳細情報
・サイズ:直径19mm×高さ118.05mm
・バッテリー容量:1500mAh(内蔵型)
・セット内容:eGo AIO battery×1・BF SS316-0.6ohm×2・eGo AIO mouthpiece×2・USB Cable×1・Quick Start & Warranty Card ×1・日本語対訳マニュアル×1

人気VAPEの後継機種

Joyetechの中でも人気機種だったeGoONEの後継機種として発売されたのが、このeGo AIO。コンパクトなボディと使い勝手の良さが魅力のVAPEです。2000円台という手頃な価格と、クリックのみのシンプル操作が特徴。噴霧量も多く、ユーザーの満足度も高くなっています。

液漏れを起こしにくい構造になっているので、今までリキッド漏れに悩まされてきたという方にはうってつけではないでしょうか。カラーはシルバーやブラック、ホワイト系など6色展開。使用時にLEDが光るなどおしゃれさも兼ね備えているのが魅力です。

2位:smiss エミリミニ プラス

smiss エミリミニ プラス

4,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:幅9.2mm×高さ99.6mm
・バッテリー容量:180mAh(内蔵型)
・セット内容:充電式ケース×1・EMILI MINI+電子タバコ 本体×2・USB充電器×1・取扱い説明書

すぐに楽しめる6種類のフレーバーが嬉しい

後からフレーバーだけ探すのが面倒という人には、エミリミニ プラスがおすすめ。本体や充電器といった最低限必要なアイテムが揃っているだけでなく、6種類のリキッドがあらかじめ付属しているので届いたらすぐに楽しむことができます。メンソールやコーヒー、ローズなど男女問わず好まれるフレーバーばかりです。

また本体は大変スリムで、胸ポケットやバッグに入れておくのにも便利。2本収納できるケースになっているので、別々のフレーバーを用意して気分次第で使い分けることも可能です。

1位:C-Tec DUO スターターキット

C-Tec DUO スターターキット

2,000円 (税込)

詳細情報
・サイズ:直径9.3mm×高さ78mm
・バッテリー容量:280mAh(非内蔵型)
・セット内容:C-Tecバッテリー・フレーバーカートリッジ(エナジードリンク×1・クリスタルメンソール×1)・携帯用クリップ・USBチャージャー

国内にて検査済みの安心品質

C-TecのDUO スターターキットは、フレーバーカートリッジ内のリキッドを日本国内にて品質検査してある安全性の高いVAPEです。吸いこんで体内に取り入れるものですから、やはりリキッドの安全性が保証されているものは安心感があります。カートリッジは1個あたり約400回の吸引ができ、使用回数を超えたら交換するだけ。面倒なコイルのメンテナンスなどは不要です。

USBからの給電でいつでも充電ができますが、差し込むだけで立てたまま充電できる別売りのスタンド式チャージャーもラインナップされています。初めてのVAPEとして購入した人からの評価も高く、ビギナーにもぴったりです。

【ボックスタイプ】VAPEのおすすめ人気ランキング5選

続いてボックス型のVAPEからおすすめの商品をご紹介します。さらにこの後にはユニークな番外編も登場しますのでお見逃しなく!

5位:Eonfine スターターキット

Eonfine スターターキット

3,800円 (税込)

詳細情報
・サイズ:記載なし
・バッテリー容量:2600mAh(内蔵型)
・セット内容:本体・アトマイザー・コイル・USB充電ケーブル・製品合格認証書・日本語説明書付き

デジタル表示で見やすい設計

本体のサイドにデジタル表示窓が設けられ、電圧やパワーの強度を一目で確認できるEonfine。大容量の2600mAhで充電も長持ちし、外出時も安心してご使用いただけます。嬉しいことにパワー調節機能が付いているので、弱めにしてマイルドな口当たりに変更することも可能です。

また過充電や過出力を保護する機能も搭載されており、安全に使えるところもポイント。口コミでの使用感や商品に対する評価は高いので、低価格ながら満足度の高いVAPEと言えます。

4位:Eleaf iStick Pico

Eleaf iStick Pico

6,741円 (税込)

詳細情報
・サイズ:幅45mmx奥行き23mmx高さ70.5mm
・バッテリー容量:2100mAh(非内蔵型)
・セット内容:iStick Pico・USBケーブル・MELO3miniアトマイザー Seal Ring×4・取扱説明書・EC 0.3ohm Head・EC 0.5ohm Head

コンパクトさとパワフルさが魅力。ボックスの入門用にも

カラーバリエーションの豊富さと、コンパクトでありながらパワフルなバッテリーを備えていることで人気のあるVAPE、EleafのiStickシリーズ。温度コントロール機能を搭載しており、微調整して自分好みのテイストで楽しむことができます。バッテリーの出力が高いぶん噴霧量も多いので、煙を楽しみたい人もきっと満足できることと思います。

バッテリーは非内蔵タイプなので、急な電池切れにも乾電池で対応可能。ボックスタイプを初めて使うという人の入門機としてもおすすめできます。

3位:KangerTech TOPBOX Mini

KangerTech TOPBOX Mini

8,900円 (税込)

詳細情報
・サイズ:高さ82mm×奥行き22mm×幅39mm
・バッテリー容量:(バッテリー別売)
・セット内容:KBOX Mini TC75 本体・TOPBOX Mini SET 取扱説明書(英語)・TOPTANK Mini 本体、Ni200コイル0.15Ω(本体に組み込み)・ステンレスコイル0.5Ω・Claptonコイル0.5Ω・リビルダブルコイルユニット・リビルダブルコイルユニット用コイル単体x 2(うち1つは組み込み)・リビルダブルコイル固定用予備ビスx 2・ユニットカバー固定用予備ビスx 2・リビルダブルコイル交換用ドライバー・日本製オーガニックコットンシート・充電用MicroUSBケーブル

定番VAPEブランドのスターターセット

世界的に有名なVAPEブランドである KangerTech。その中でも人気が高く、日本でも大ヒットとなったSUBOXminiセットのデザインを受け継ぎ、バージョンアップした最新機種です。

シンプルでありながらおしゃれさもある外観に最新の機能をしっかりと盛り込み、最大75Wというバッテリー出力を搭載。充電にはMicro USBケーブルが使えるので、普段使っているモバイルバッテリーなどを利用することも可能です。またタンクの材質はガラスですから、ミントや柑橘系のリキッドを愛用している人にもおすすめできます。

2位:iJOY CIGPET ANT

iJOY CIGPET ANT

6,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:高さ70.8mm×幅47mm
・バッテリー容量:最大出力80W(非内蔵型)
・セット内容:Cigpet Ant アトマイザー・Cigpet Ant Box Mod (バッテリー含まず)・0.25 ohmコイル・USBケーブル・マニュアル・ワーニングカード

ボックスタイプながら極小サイズ

iJOY CIGPET ANTは、名前に「ANT」と付いていることから分かるように、とにかく小さいのが特徴。本体だけなら高さ約7cmという極小ボディで、携帯性が悪いというボックスタイプのデメリットを解消しています。小さいながらもバッテリーの出力は80Wと高めの設定です。

また、ガラスタンク採用・リキッドの注ぎやすいトップフィル構造・国際基準を満たした工場での生産と、安全性や使いやすさにおいても高く評価できます。6色展開されているカラーバリエーションはメタリックカラーが多く、スタイリッシュさを求める男性にもおすすめです。

1位:Joyetech eGo AIO BOX

Joyetech eGo AIO BOX

3,780円 (税込)

詳細情報
・サイズ:高さ97mm×幅43mm×奥行23mm
・バッテリー容量:2100mAh(内蔵型)
・セット内容:本体MOD・BF SS316 0.6Ω×2・ドリップチップ×2・USBケーブル・クイックスタートガイド・警告文マニュアル

超小型ながら機能性抜群のVAPE

高さ約9cmという超小型なボディが魅力の、Joyetech eGo AIO BOX 。ボタンひとつで操作できる手軽さに、チャイルドロックも付いているという安心の1台です。小型ながらバッテリー容量は2100mAhと大きめで申し分ありません。煙の量を好みで調整できるエアフロ―も搭載しています。

もちろんガラスタンクを採用してるのでメンソール系を好む人にもぴったり。正しく使えるようにマニュアルや注意書きがしっかり付属している点でも安心できます。液漏れへの対策も万全なので、携帯する機会が多い人にも最適です。

【番外編】おすすめのユニークな形状のVAPE

ここからは、一風変わったVAPEをご紹介します。周りと差を付けたい人はぜひチェックしてくださいね。

kamry k1000 plus

kamry k1000 plus

6,380円 (税込)

詳細情報
・サイズ:長さ136mm
・バッテリー容量:1100mAh(内蔵型)
・セット内容:本体・USBケーブル・専用コイル×2・英語説明書

アナログな見た目と重厚感で人気

木目調の見た目が重厚感をかもし出している、kamry k1000 plus。知らない人にはVAPEには見えないデザインが魅力です。バッテリー容量は1100mAhとやや小さめではありますが、Micro USBケーブル対応なのでモバイルバッテリーでの充電にも対応できます。

ちょっと重たいのが難点ではありますが、持っているだけで大人の雰囲気を演出できるこのデザインはなかなかありません。液漏れしやすいところに目をつぶれば、自宅でのリラックス用としておすすめです。

Smok PROSPECT

Smok PROSPECT

3,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:記載なし
・バッテリー容量:(バッテリー別売。バッテリー18350サイズ(直径18mm×長さ35mm)対応)
・セット内容:SMOK PROSPECT本体・過電流防止7Aヒューズ ※アトマイザーは付いていません

優雅な雰囲気でVAPEを楽しむのに最適

世界的に有名なVAPEブランドである、SmokのハンマーヘッドタイプのVAPE。電気的なギミックを極限まで除いたという本体は、シンプルでアナログな雰囲気が魅力です。このタイプのVAPEは初心者にはやや使いづらいと言われていますが、これを機に詳しくなるのも良いかもしれませんね。

メカニカルMOD搭載で初めての人でも安心。バッテリーが別売りとなっていますので、高出力のものを選ぶと良いでしょう。

禁煙対策にはこちらもおすすめ

禁煙目的で愛用している人も多いVAPEですが、微量にニコチンを含んだ電子タバコで少し慣れてからVAPEに移行するとより効果的なのだとか。以下のリンクではgloやiQOSを含めた電子タバコを紹介していますので、こちらも併せてチェックしてみてくださいね。

まとめ

おすすめのVAPEをご紹介しましたが、いかがでしたか?見た目も機能もさまざまなものが発売されているVAPE。値段も1000円台と安いものもありますので、リーズナブルなものから試してみるのもいいかもしれません。

好みやライフスタイルに合わせて、あなた好みのVAPEを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事